貯蓄の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄の件

2009/05/05 09:56
(
5.0
)

rocchiさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『無理なく続けられる一般的な私有入に致しての支出と貯蓄の割合を教えてください。』につきまして、まず、家計支出項目毎の割合を気にするよりも、毎月確実に貯蓄することを優先してください。

毎月の貯蓄の目安につきまして、手取り月収金額の10%が最低限の水準となります。
尚、可能ならば手取り月収金額の15%を目標にしてください。

また、毎月確実に貯蓄していただくためにも、給料振り込みの日の合わせて天引きされる自動積立定期預金や財形貯蓄など社内の貯蓄制度を利用するとよろしいと考えます。

給与から貯蓄分が天引きされた後、残ったお金の範囲内で家計をやりくりしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

rocchiさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、高い評価をしていただきありがとうございました。

これからも分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

rocchi さん

初めまして。
ご回答頂きありがとうございます。
貯蓄の他にも自分への投資(資格・趣味)もしたいと思っております。
貯蓄の上限は20%と考えておりますが、その中の5%を毎月自分の投資へとしていこうと思います。
ご親切にお返事頂きありがとうございました。
また、何か気になることなどございましたらご質問させて頂こうと思いますので、お力になって頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

無理なく続けられる収入に対しての支出と貯蓄の割合

マネー 家計・ライフプラン 2009/05/03 20:23

26歳(女性)です。
年齢的に今まで以上に貯蓄に力を入れていきたいと思っているのですが、個々支出の項目などは違うと思うので、無理なく続けられる一般的な収入に対しての支出と貯蓄の割合を教えて下さい。宜しくお願い致します。

rocchiさん (広島県/26歳/女性)

このQ&Aの回答

手取り収入の20%程度をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/03 22:21
貯蓄についての考え方 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/05/03 22:55

このQ&Aに類似したQ&A

子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
再婚するにあたってライフプランを教えてください owl2015さん  2015-04-06 16:18 回答1件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
高齢出産の資金計画(夫のみの収入) samuraiblueさん  2014-08-28 03:02 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件