あなたの場合は扶養範囲内が断然有利です - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたの場合は扶養範囲内が断然有利です

2009/05/08 15:33

ちゅけさん、こんにちは

ご主人の年収1600万円を考えますと、所得税率33%である可能性が高いですね。

ちゅけさんが、4月までで80万の収入があったということは
おそらく年収240万円の方であったと考えられます。
そうすると、所得税率5%でしたから、
再就職して現状の年収を維持できたとしても、
扶養に入っていた方が有利なものと考えられます。

扶養の範囲で働いていたほうが、節税効果(社会負担減少効果)が高いのです。

所得税・住民税の扶養の範囲(東京特別区の場合は、給与98万円未満)
に入られるのであれば、ご主人の税負担が16万2400円減るものと考えられます。
これに、社会保険負担が減りますから、その負担削減効果は大きいのですね。

可処分所得を増やしたい、つまり、使えるお金を増やしたい
ということであれば、あなたが扶養から外れて、
家庭の外からお金を稼いでくることも選択肢として当然考えられます。

その負担の差を計算してみると、(葛飾区の料率で)
122万7000円〜130万円未満、174万2000円〜
の範囲であれば、可処分所得が増えますね。

国民健康保険の料率は住んでいる市区町村によって異なりますので、
ご自分の住んでいる市区町村の保険課にご確認下さい。

試算結果が中抜けになっているのは、年収130万円未満までは
社会保険の扶養に入れるためで、社会保険の扶養から外れるとなると、
一気に負担が増えるんですね。

私であれば、可処分所得を増やしたいので、
一生懸命働いて一生懸命税金等を負担しながらがっちり働きたいですが、
時給換算すると、年収が300万円以上ないとバカらしくなるでしょうね。

ご主人の所得が平均的な所得であれば、月額15万程度で意味があるのですがね。

月額20万程度であれば、月額で100万以上ある方の扶養に入るほうが
賢い選択だと思いますね。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ベストな働き方を教えてください

マネー 税金 2009/05/02 22:25

4月末で仕事を辞めました。
1月から4月までの所得は約80万位でフルタイムのパートで働いていました。
5月より主人の扶養に入れてもらう手続きをしていることもありしばらくは働かずにゆっくり… [続きを読む]

ちゅけさん (東京都/41歳/女性)

このQ&Aの回答

社会保険負担・・・ 2009/05/08 17:47

このQ&Aに類似したQ&A

どのように手続きをすればいいのか、分かりません bilikem55さん  2010-09-23 12:44 回答1件
パートの妻が夫を扶養 いんふぉさん  2012-11-01 12:49 回答1件
たくさん働くべきか ほどほどにするべきか ミントアップルさん  2008-07-15 17:16 回答1件
給与所得と雑所得、扶養範囲内で収めるには? みーこさん  2007-05-07 20:12 回答1件