相続時精算課税制度ご紹介です - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

相続時精算課税制度ご紹介です

2009/05/01 13:41
(
4.0
)

みゆま 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピー の吉野充巨です

※相続時精算課税制度は、
生前贈与について、受贈者の選択により、贈与時に贈与税を支払い、その後の相続時に、その贈与財産と相続財産を合計した価額を基に計算した相続税額から、既に支払った贈与税を控除することにより、贈与税と相続税を通じた納税になるというものです。

従いまして。、遠い将来相続が発生した際に相続税を支払う額であれば、納税が発生します。
但し、相続税を支払う比率は、相続発生数の6%程度とされています。が、概算でも確認されるようお勧めします。

※相続時精算課税制度の適用要件は
贈与者が満65歳以上の親で、受贈者が満20歳以上の子である推定相続人(代襲相続人も含みます)
で、適用対象財産等は
贈与財産の種類、金額、贈与回数には制限を設けていません。

※適用手続きは
相続時精算課税制度をの選択に係る最初の贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に相続時精算課税選択届書と一定の書類を所轄税務署に提出します。

※贈与税の計算は
この制度を選択した年から、複数年にわたり利用できる非課税枠2,500万円(特別控除)を控除した金額に20%の税率を乗じて算出します。
従いまして、この制度を1度選択すると相続開始までこの制度の適用を受けます。

※住宅取得し均等の特例は
適用対象者の年齢要件がなくなり、特別控除額が1,000万円に達するまでは複数年にわたる適用が可能になります。従いまして、あわせて3,500万円まで非課税枠の適用が可能です。

※相続税の控除額について
ちなみに、現在、相続税の基礎控除額は5,000万円+1,000万円×法定相続人数で、
死亡退職金と保険金は看做し相続財産として夫々の額に500万円×法定相続人数分の金額が控除できます。

補足

国税庁ホームページのURLをお伝えします。
相続時清算課税制度のあらまし
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

評価・お礼

みゆま さん

私の理解力のなさで、
2度の回答ありがとうございました。

やっと、頭の中がスッキリしました。
感謝してます。
お忙しい中、ありがとうございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅資金特別控除は税金がかからないのですか?

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/05/01 12:24

とても素人な質問です。
色々調べると混乱してきてしまい、こちらで質問させていただくことにしました。

今年、家を建てることになり、土地を購入し住宅を建設しようとしています。… [続きを読む]

みゆまさん (岡山県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

結果的には? 2009/05/01 15:21

このQ&Aに類似したQ&A

意思表示ができない母の相続について まさこ38さん  2014-12-24 16:00 回答1件
遺産相続対策について sironekosanさん  2011-09-19 14:42 回答3件
住宅購入)相続時精算課税について ytytgogoさん  2009-09-26 23:11 回答1件
夫婦間の口座移動に贈与税がかかるの? smile31さん  2015-03-29 02:44 回答1件