売却、乗り換えは冷静に。 - 岩川 昌樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

売却、乗り換えは冷静に。

2009/04/29 18:01

はじめましてFPの岩川です。

投資信託は、資産が形成されるまで数回は大きな下落相場に遭遇します。

下落相場に遭遇すると「失敗」と思われがちですが、
むしろ、資産形成のための必須条件であり、
予定通りと考えて良いでしょう。

長期投資家にとって、下落時の継続保有、追加投資は、
むしろ資産形成には欠かせない必須場面です。

下落相場による資産の目減りを目の当たりにするとやはり、
長期投資と言えども挫折してしまう人の気持ちもわかります。

個人投資家だけでなく、長期投資のアドバイザーまでもが、
不安になり、計画にない思いつきで「手控、売却」なんてこと
もありますが、ここは市場に左右されない計画を作成、全うするのみです。


市場は
20%上昇する年
15%下落する年
15%上昇する年

・・・・・と、その年により全く異なります。

ちなみに、長期投資で目的とする、期待リターンは、
上記のような過去の「上昇率」、「下落率」を平均化した数値です。

繰り返します、「上昇率」と「下落率」の平均値です。


もしも、「下落」をすべて避けられたら、平均リターンは15%、
20%という高リターンになります。
(市場平均を狙うパッシブ運用においては、ほぼ不可能な平均値です。)

つまり、長期投資において、期待リターンを得るには、
必ず、下落相場に遭遇し、下落の数字を加味してはじめて、
期待リターンになることです。

明確な目的をもっているのであれば、下落=売却、乗り換えが有効とは
限りません。
また、運用の明確な目的がなければ、一度この機会に考えてみるのも
いいでしょう。

売り時、買い時は、あいまい市場の価格を見て決定するものでなく、
事前にご自身で決定しておくものなのです。

市場を見ての判断は、たとえプロでも、当たるかもしれませんが、
外れるかもしれません。

補足

冒頭は、私のブログから抜粋しました。
お時間のあるときにご覧ください。

●売りたい時の気づき
http://toushinmkt.seesaa.net/category/6114140-1.html

不明なことがあれば気軽にご質問下さい

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

投資信託は今後どうしたら?

マネー 投資相談 2009/04/29 12:28

現在、投資信託を保有しています。
現在、サブプライムの影響で評価額がかなり下がっています。
自分としては、長期保有の運用を考えています。(現在投資額130万円くらいが82万円の評価になっています… [続きを読む]

ちゃんぴさん (埼玉県/34歳/女性)

このQ&Aの回答

乗り換えについて 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/29 18:26
リスクコントロールとリバランスのお勧め 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/29 19:11
確認してみたいこと 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/30 23:03
まず銘柄の良し悪しを・・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/29 13:12

このQ&Aに類似したQ&A

長期運用の長期とは 浜田さん  2012-01-12 07:41 回答3件
このまま、投資信託を損切りすべきか迷っています。 ZIPさん  2009-07-13 15:12 回答7件
住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
ドルコスト平均法 ユズココさん  2010-08-05 12:59 回答4件
401K運用に関する質問です monakanoさん  2010-07-26 01:49 回答6件