建て替えの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

建て替えの件

2009/04/28 17:21

にじゅうななさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『子どもたちのこれからの教育費のことを考えると、家の建て替えなどせず、出来る限り貯蓄をしていった方がいいのでしょうか。』につきまして、貯蓄を優先するか、あるいは建て替えも行うのかを判断していただくためにも、これからかかるお子様の教育資金とかかる時期をライフイベント表に書き出していただき、さらに収入や基本生活費なども加えて、キャッシュフロー表を作成してみると、判断しやすいと考えます。

お子様の教育資金だけで家計収支は限界になってしまうのか、あるいは建て替えを行い新たに住宅ローンを組んでも返済していけるのかにつきまして、おおよその目途を立てることができます。

尚、キャッシュフロー表につきましては、ご自身で作成してもよろしいと考えますし、ファイナンシャル・プランナーなど専門家に依頼をしてもよろしいと考えます。

『担保に、現在ローン支払い中の現在住んでいる土地を使うことはできますか。』につきまして、現在の土地を住宅ローン融資を受けるための担保提供をすることができるかどうかは融資先の金融機関次第となります。

よって、まず、融資先の金融機関で確認をする必要があります。

現在、利用している住宅ローンに加え、新たに建て替える建物も含めて住宅ローン融資を行ってもらえる可能性があるかも知れません。

尚、他の金融機関で建物の建築費分の融資を改めて受けるためには、現在支払っている住宅ローンを一旦、完済したかたちにする必要があります。
ただし、具体的な手続きにつきましては、新たに融資を希望する金融機関で確認してください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョ ン渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入と教育費の折り合いについて

マネー 家計・ライフプラン 2009/04/27 12:21

築30年の中古住宅を購入し、6年住みました。
子供は小学生2名です。上の子供は、今年受験予定(国立)です。

地震対策の全くしていない建物でもあり、間取りも手狭なため、そろそろ立替を考え… [続きを読む]

にじゅうななさん (静岡県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンと教育費について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/27 12:37
ローンと教育費の件 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/27 19:54
長期的な視点で考えてみませんか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/27 20:53
自営の場合は経費を抑えて納税を 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/27 17:56

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします~住宅購入時期について~ 愛知牧場さん  2010-06-24 21:24 回答7件
家計の優先は? シェルさん  2009-03-01 22:17 回答5件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
★住宅購入にむけて家計見直し★ マダムプリコさん  2010-06-11 16:33 回答8件