評価につながるシステムづくりを - 渡部 真由美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡部 真由美 専門家

渡部 真由美
ビジネスコーチ

- good

評価につながるシステムづくりを

2009/04/25 23:22

おっしゃるとおりですね。忘却曲線というのがあり、2週間ほどしか
もたないとも言われます。ではどうしたらいいか?

私自身、考え続け、試行をを続ける中でお役に立ちそうなことを
書いてみます。

○研修の目的をしっかり明確にしながら進めること
 研修の始めに目的をはっきり言って始め、都度くりかえし、
 最後は、自分の課題を明確にして目標を立てて頂き、上司と連動して、
 月一回程、面談をしていくなどのフォローは不可欠と思います。

 具体的な一例(リーダー研修)ですが
 【研修前】そのときの研修テーマにそって、「仕事の棚卸し」などを
     書いていただき、自分なりに研修を受ける目標を持って参加していただく

    ↓

 【研修の最後】研修を受けてみて、自分に備えるべき課題を出してもらい
       それを目標として達成するために具体的に、『何を、いつまでに、
       どれくらい』するかを書いてもらい、発表します。
   例)
    課題)部下とのコミュニケーションをとって、信頼関係をつくる
    方法)□月までに、スタッフ一人一人の強みをひとり3個見つけ、
       言葉でいっていく。注意はその場でする など
     ↓

 【研修後】1ヵ月後に面談で進捗状況を聴く。問題点を一緒に考えるなど、
      フォローする。または、3ヵ月後くらいにフォロー研修をし、
      グループワークなどで進捗状況、問題点を話し合い共有し、
      修正した課題・目標に向かってもらう
          
 ○行動しやすいように、リーダーに必要な条件項目などのチェック表をつくり、
  努力し伸びた人が評価されるシステムがあると良いと思います。これは、自分が
  どこができればいいのかもわかるので便利です

  大変なようでも、ステップ・バイ・ステップが結局は早道です。
  あきらめず継続すること。どうぞがんばってくださいね。

       

回答専門家

渡部 真由美
渡部 真由美
( ビジネスコーチ )
オフィスシエン 代表

成長とやりがいを心から支援します。

「人は自分がしたいこと、なりたい自分がわかったら、もっと幸せになれる」「したいことをする能力も持っている」私はそれを信じ、実感できる仕事に喜びを感じています。コーチと日本航空の国際客室乗務員他の経験を活かした研修の両面から全力で応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

研修効果を持続するには

法人・ビジネス 人材育成 2009/04/24 17:58

社内の情報共有、あるいは部下の育成を目的として中間管理者層の研修を実施すると、研修当日、非常に暑い話し合いがなされた結果、意識付けもうまく出来、研修の効果もあったと感じられる時があります。

し… [続きを読む]

rydeen1999さん (埼玉県/46歳/男性)

このQ&Aの回答

研修のカプセル効果 本田 和盛(経営コンサルタント) 2009/05/07 21:12
見違えるように研修効果が上がる、魔法の言葉。 岡崎 真(経営コンサルタント) 2009/10/27 06:56
研修では「意識付け」はできても「実践」はできません 竹谷 泰史(経営コンサルタント) 2009/04/25 00:58
研修の効果を何で測っていますか? 奥村 朋子(経営コンサルタント) 2009/04/26 01:16
研修効果が長続きしない源は・・・・ 越智 昌彦(研修講師) 2009/04/26 14:29
研修設計前にご相談ください 最上 雄太(ビジネススキル講師) 2009/05/30 10:17
研修設計に工夫を 2009/05/03 01:58

このQ&Aに類似したQ&A

社外講師セミナー実施の社内説得方法について rydeen1999さん  2009-06-08 11:55 回答7件
ヒューマンスキル向上を目的とした研修について 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答5件
コンプライアンス教育とは道徳の授業のことですか? Moriya, Tomoさん  2009-06-27 21:48 回答2件
部下との信頼とは? すながわさん  2013-07-02 08:50 回答1件