会計処理について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

会計処理について

2009/04/21 18:51

 繰延資産の償却費は、法人税の計算上、償却費として損金経理(=費用処理)することを前提に規定されています。そのため、償却費を計上しなければ、損金として認められる金額がないことになります(否認される金額もありません)。
 当期に、償却費の計上をしなければ、当期については特に課税上問題はありません。しかし、翌期以降に償却費を計上する際に、2年分計上しても、その期の償却限度額までしか認められませんので、注意が必要です。

 保証料の前払金ですが、こちらは償却費と違って、期間対応させる費用であるため、期間対応させておく必要があると思われます。赤字であることから費用計上しないことは、利益操作になるため、繰越欠損金の発生事業年度の問題が生じることになります。

 ただし、保証料の前払金があるということは、金融機関からの融資を受けていらっしゃると思いますが、金融機関から決算書の提出を求められるケースもありますので、その点は注意が必要かと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

会計処理について教えてください

法人・ビジネス 会計・経理 2009/04/21 11:16

決算ですが、赤字が多いため減価償却費の計上はしない予定ですが、前期に計上した保証料の前払金や繰延資産の償却もしない事はできますか?

yukkoさん (大阪府/52歳/女性)

このQ&Aの回答

可能ですが。。。 近江 清秀(税理士) 2009/04/22 08:44
可能です 2009/04/21 11:27

このQ&Aに類似したQ&A

事実上固定資産価値のない車について Chibocchaさん  2013-08-12 20:18 回答1件
公益法人会計の退職引当資産 モカコーヒーさん  2011-08-10 21:28 回答1件
設立予定の新会社の立替金について konayuriさん  2010-08-31 15:46 回答1件
礼金の償却についておしえてください ジージョ ハルさん  2010-01-28 11:45 回答1件