相続について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
薬袋 正司

薬袋 正司
税理士

- good

相続について

2009/04/20 12:35

実子をご主人の養子としていない場合でお話します。あなたがご主人より先に亡くなった場合、相続人となるのは配偶者と自分の実子でその法定の持分は1/2づつです。遺言書がない場合、相続発生後にご主人とあなたの実子で遺産分割協議をしなければなりません。逆にご主人の方が先に亡くなり、その後あなたの相続が起きた場合は、相続人は実子一人になりますのであなた名義の財産は全て実子が相続することになります。
姓が違っていても関係はありません。
また上記のことはご主人も同様です。
世知辛い話ですが、実子に分けてあげたい財産は少なくてもあなた名義にしておき、これを実子に相続させる旨の遺言書を作成しておかれるとなにかと気遣いがなくてすみます。またあなたの財産の中に実子にあげたい分と、ご主人に残したいものがあるのでしたら、それらを総括した遺言書を作成しておけばいいと思います。遺言書は、代表的なものとして下記のものがあります。
(1)自筆証書遺言 題目、日付、財産の目録、あげたい人など全て自分の自筆で作成しておく。簡単に作成できますが、亡くなった後家庭裁判所で本人のものかどうかの検認が必要で、他人に改ざんされる恐れがあります。
(2)公正証書遺言 公証人役場で作成。権利者以外の証人2人が必要で公証人の報酬が発生します。公証人役場にも1通残りますので、隠蔽等される心配がありません。
書籍等多数ありますので、参考にしてください。
また予め実子に自分の財産を贈与しておくという手もあります。贈与税は年間110万円までは非課税ですので、実子が自分で管理する口座に毎年送金するなりして渡してしまうということです。実子に全部あげたと思ったら「配偶者に全部」という遺言書を残せば、配偶者と実子間で話し合いを持つストレスから解放されますよね。もめないと分かっていても、手立てがされている方が残されたほうは安心かと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/04/20 12:20

相続についてお伺いします。
お互い再婚同士。それぞれに息子が一人います。また、お互いにそれぞれが築いた、それなりの財産もあります。そのことについてです。
二人の間では、それぞれの財産は、それぞれの息子が相… [続きを読む]

ringomusumeさん (愛知県/56歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

遺産相続の時効 くろくろくろさん  2008-04-26 09:46 回答1件
養子縁組の兄の家族の遺産相続の範囲について ムーミン88さん  2011-04-25 15:50 回答2件
父所有の住居に住む事は生前贈与にあたるのか こまこさん  2009-12-28 14:34 回答1件
死亡した父名義の家と土地について とむとむにーさん  2009-10-25 23:48 回答1件
生前贈与について ISSさん  2008-07-10 21:05 回答2件