神経質になる必要はありません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

神経質になる必要はありません

2009/04/14 20:19
(
5.0
)

大方、お答えが出ていますね。簡単にポイント抑えますと。

事業資金等短期資金の返済については期限が短いこともあり別ですが、長期資金(住宅ローン等)の借入れを、平穏に、返済する分には金融機関は何も言うことはないということです。

また、住宅ローンとしての借入れは、現状特に、政策的にも条件面で優遇されています。併用ローン等で工夫すれば不動産投資物件を優遇ローンで購入できます。

是非にもお勧めします。ただその先もお考えください。


サラリーマン大家さんの不動産投資
不動産投資のタカエージェント京都

評価・お礼

せなちゃん さん

ご回答ありがとうございました!

前向きに検討してみたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不動産投資ローンの返済について

マネー 不動産投資・物件管理 2009/04/13 20:14

教えてください。
現在、不動産投資を検討しています。
納得のいく投資物件がみつかり、借入が可能になったとして融資後に、借入の際の審査状況が変わった場合には、どうなりますか?その時点での、… [続きを読む]

せなちゃんさん (福岡県/43歳/女性)

このQ&Aの回答

全額返済はまずありえませんのでご安心を! 真山 英二(不動産コンサルタント) 2009/04/13 23:51
不動産投資ローンの返済について 向井 啓和(不動産業) 2009/04/14 11:56
一般的な住宅ローンは・・・ 大槻 圭将(不動産業) 2009/04/14 13:54
通常は転・退職で全額返済を迫られることはありません 尾野 信輔(不動産投資アドバイザー) 2009/04/14 09:23

このQ&Aに類似したQ&A

新築区分マンションの運用方法について eneloopyさん  2015-11-08 16:50 回答4件
住宅ローンの一本化 住宅ローン減税 ミヤシャンさん  2009-11-20 08:36 回答2件
マンション投資の繰り上げ返済について khmpapaさん  2012-07-04 23:05 回答1件
住宅ローンがあるのに不動産投資がしたいのですが…。 黄ろんぼさん  2012-03-28 08:19 回答2件