銀行の貸し渋りと自己資本比率の関係 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

銀行の貸し渋りと自己資本比率の関係

2009/04/10 10:24
(
5.0
)

自己資本とは、他人に返済する義務のない自分の手元資金だと考えてください。
その手元資金を銀行が誰かに100万円融資したとします。しかし必ず全額回収できるとは限りません。銀行はその回収不能額を債務(引当金)として見積計上しなければなりません。

100万円の貸付(資産)をしても債務として引当金を設定しなければなりませんので、資産としては目減りすることになります。すなわち回収できる可能性は100万円より少なくなる可能性があるということです。

従って、100%回収できる確信があれば自己資本比率に影響はありませんが、会計制度上引当金を設定することになりますので、自己資本比率は低下することになります。


貸し渋りの原因はそれだけではありません。使い道、返済が可能か、利益の裏付けとして現金が入っているか、、融資の書類につじつまが合っているか・・・・
いろんな要素があります。

金融機関としては、貸したお金は、お金で返してもらう。それが基本です。
お金の裏付けのある利益があってこそ、融資が可能になります。

評価・お礼

gardenk さん

よく分かりました。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

銀行の貸し渋りと自己資本比率の関係

法人・ビジネス 財務・資金調達 2009/04/10 09:18

以前ですが、銀行の貸し渋りの原因は「自己資本比率の低下防止」と、よく言われたことと思います。
そこでお尋ねしたいのですが、融資をすることがどのように自己資本比率に関係しているのか、教えて下さい。

gardenkさん (東京都/52歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

銀行の融資と自己資本比率の関係 gardenkさん  2009-06-25 06:49 回答1件
株主資本変動計画書の作成方法に関して カンカンシさん  2009-03-16 03:33 回答1件
融資 ハンマーさん  2016-06-28 14:19 回答1件
会社買収を資金使途とした銀行融資について HYDYさん  2015-02-03 15:13 回答2件
融資が受けられず 田村さん  2014-02-11 16:29 回答1件