回答 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2016年12月02日更新

回答

2009/03/29 00:47

一番目の質問ですが,個人間の貸し借りにも適用されますので,その貸し手の個人にも裁判所から再生計画案の同意をするかどうかの照会は行くと思います。
二番目の質問は,借り手の名義が家族である以上,法律的には家族が借り主です。再生の対象外です。
三番目ですが,破産と違って,投資やギャンブルは免責不許可事由ではないので,認可さえ下りればそれらの目的は問題ありません。使途明細等も基本的には必要ないでしょう。ただ,裁判所から,再生申立に至る経緯の説明を求められる可能性はあるでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人再生法について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2009/03/28 08:38

個人再生法を検討しています。状況は以下の通りです。
負債の経緯は投資のための借入れ、失敗。借入状況は銀行1社、クレジット会社2社、サラ金5社、個人借入2人 合計915万円。
なお、消費者金融5社の内… [続きを読む]

orkmnさん

このQ&Aに類似したQ&A

借金と結婚 あや♪♪さん  2013-08-20 13:46 回答1件
親戚の個人事業店舗の連帯保証について hide35さん  2012-09-16 10:29 回答1件
成年後見人について トモカさん  2009-04-29 06:06 回答1件
過払い請求とブラック扱いについて りゅうしさん  2009-03-12 17:45 回答1件