RE:犬の結石除去手術 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

RE:犬の結石除去手術

2009/03/27 11:05

膀胱結石、尿道結石は尿の排泄路をふさいでしまうため、急性腎不全の症状が現れ、閉塞を解除しなければ尿毒症となり命にかかわります。今回の腎臓の数値の下がり具合をみると尿道閉塞の解除が比較的早い段階で行う事ができたのではないでしょうか。ただし、膀胱が緊張に耐えられず尿が腹腔にもれてしまうことがあり腹膜炎を併発することがあります。このように併発症がある場合は術後の容態が悪化するケースもあり、腹膜炎は進行するとDIC(播種性血管内凝固)を引き起こすことがあります。DICとは血中の血小板が異常に消費されることにより全身に血栓が形成され、多臓器不全を併発したり、逆に出血が止まりにくくなるような病態で、程度によっては急変することもあります。抗生剤の投薬については、理想的には感受性試験(抗生剤が菌に有効か調べる検査で結果が出るのに1週間程かかります)を行ってから抗生剤を選択できると良いのですが、このように急いで使用する場合は広域に効果のある抗生剤を選択します。

最後になりましたが、今回のご逝去心からお悔やみ申し上げます。にく様がいつか悲しみから離れられ、ワンちゃんとの楽しかったことが良き思い出となれる日が来ることを、心より願っております。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

犬の結石除去手術

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/03/23 10:39

先日、5歳のバセンジー雄が膀胱、尿道結石除去手術の4日後に亡くなりました。夜、急に尿がポタポタとしか出なくなり、お腹もゴロゴロと鳴っており、翌朝診察して頂くと膀胱結石と尿管に結石が詰まっておりました。… [続きを読む]

にくさん (岡山県/36歳/男性)

このQ&Aの回答

犬の結石除去手術 2009/03/27 08:16

このQ&Aに類似したQ&A

施術後の麻痺 wattan2gouさん  2014-07-02 14:59 回答1件
愛犬の急死 聖美のままさん  2014-01-11 23:11 回答1件
避妊手術に踏み切る事にしました uraponさん  2013-11-17 13:01 回答1件
老犬の手術 らぶママさん  2013-05-22 13:58 回答1件
犬の蓄膿症と多臓器不全 めぐっこさん  2011-09-09 14:40 回答1件