屋根と外壁の違い - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

屋根と外壁の違い

2009/03/20 10:08

つけめん王子様こんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

ほとんど野平さんの回答に近いのですが、少し補足したいと思います。

箱形、屋根・外壁共金属板、というのは、私が設計する住宅の標準的な構成で、当事務所の住宅の全体の過半数を占めます。


同じ金属板でも、屋根と比べ、外壁は、使用できる選択肢が拡がります。

これは、屋根と外壁とでは、雨漏りに対する要求レベルが異なるからです。
外壁も雨で濡れますが、直接雨を受け続ける屋根は、より高いレベルの耐-雨漏り(防水)性能が必要です。

外壁で良く使われる、角波(スパンドレル)、小波は、屋根で使えるレベルの防水性能はありませんが、コストは安いです。

屋根:ガルバリウム板のスタンディングシーム又は平葺き+外壁:角波、という組合せは、比較的ローコストで実現できます。(機能的にも優秀)

スタンディングシーム、平葺きは、屋根に使用できる防水性能を持つのだから、外壁にも使用できますが、角波と比べ、コストは高くなります(平米あたり数千円アップ)。

屋根、外壁を、同材料、同形状(スタンディングシームや平葺き)で構成した建築は、角波の外壁にはない、存在感と暖かみが生まれます。

写真は、屋根、外壁共、同材同形状の平葺きで構成した家と、外壁のみ平葺き(+菱葺き)のものです。
共に、RC造です。


雨漏りするかどうかは、屋根屋さんの技量が重要なのはもちろんですが、ディテールの完成度によります。
美しく、かつ雨漏りを起こさない屋根は、設計者のディテールへのこだわりと工夫の賜物です。

参考にしていただけたら幸です。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

金属板の外壁について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/03/19 16:31

はじめまして。
自邸を計画しております。
木造2階建てで、私の好みですが、切妻屋根で、軒の出をなくした箱のようなフォルムにしたいと考えております。
屋根と外壁を一体にし、金属板で葺きたいのですが、… [続きを読む]

つけめん王子さん (兵庫県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

漏水に関してだけご回答をさせて頂きます。 浜田 肇一(工務店) 2009/03/20 11:49
雨露をしのぐ形 本田 明(工務店) 2009/03/20 17:42

このQ&Aに類似したQ&A

鉄骨構造の耐震 jonsuさん  2011-05-24 20:27 回答2件
庇(ひさし)のない屋根のリスク garugaruさん  2012-04-08 09:40 回答2件
ベランダの拡張工事は可能? トトロのハハさん  2009-03-14 03:30 回答2件
設計契約の解除について iwaniwanさん  2014-12-10 23:54 回答5件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件