まずは何に保障をするのか考えましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

まずは何に保障をするのか考えましょう。

2009/03/17 17:32

はじめまして、aikayaさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


まず、保険は何の為に加入するのか考えましょう。

aikayaさんは、現在は専業主婦ですね。
もしaikayaさんが亡くなった場合に、資金面で困られる方はおられるでしょうか?

終身保険は、一生涯でいつ亡くなっても良いように準備する保険です。ですので良く整理資金として葬儀費用分を準備するのに使われます。
もちろん、その資金が手元にあれば保険は必要ないでしょうが、aikayaさんご本人に準備するのであれば最低限の死亡保障で良いと思います。

ご主人様は公務員と言う事ですので、現在の制度ではサラリーマンの方が加入している社会保障より保障が手厚くなっています。

ですので、サラリーマンの方より多少少なめに試算されても良いでしょう。ただ、ご主人様が働かれている間を保障期間に考えられていますが、実際にお金が必要な時期はお子様が大学を卒業されて独立されるまでだと思います。
ですので、主契約では先ほども触れていますが整理資金の準備をして、定期保険などでお子様の独立までを準備されると良いでしょう。

ガン保険の通院についても、他に医療保障の通院給付金が出るものへ加入されているのであれば、両方から通院給付金が支払われますので、併せて考えられた方が良いでしょうね。

医療保険は、若いうちには必要性を実感できないかも分かりませんが、怪我や病気の心配は年を取ってからです。更新型の保険では、更新の度に更新時の年齢で保険料が上がっていきますので、終身保障のもので加入された方が良いでしょう。

補足

保険でボーナスが出るものは、その分を保険料としてご自身で払っているのと同じです。また貯蓄型にしても利率は他の金融商品より良く書かれている場合が多いですが、保険料の中からの運用ですから加入当初は殆どが運用に回っていません。
学資保険も同様ですので、出来ればご自身で運用をされた方が良いです。


個人年金についても、先に書いたものと似ていますが、保障が少ない分を運用しています。ですが、運用期間も長いですのでご自身で運用された方が良いと思います。

ただ変額個人年金のようなもので積極的な運用をされるのであれば、良いかも分かりませんね

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2009/03/17 15:46

現在、夫婦25才・子ども1才の3人家族です。主人は公務員、私は無職(今後、扶養内でパートとして働く予定)です。
月20〜22万収入に対して、生命・医療保険…約21000円
          … [続きを読む]

aikayaさん (宮崎県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

家計の方向性から決める。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/17 16:48
保障全体の優先順位が大切です 照井 博美(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/17 17:17
必要保障額をだしてみましょう。 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/18 10:54
保険はその他の資金も考慮して! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/17 16:49
商品設計の前に、目的(ニーズ)と優先順位の検証を! 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/03/18 18:29

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の見直しを考え中です くまのみさん  2007-11-21 15:31 回答7件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
家計と保険の診断お願いします モモスケさん  2008-07-10 01:27 回答4件
生命保険見直しについて てづさん  2008-02-20 15:06 回答5件