住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/03/16 17:11
(
5.0
)

muraoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『支払い困難になってからでは遅いので、早めに対処し毎月の返済額を軽減する方法は無いのでしょうか。』につきまして、公庫融資につきましては段階金利となっているため、11年目と借り方によっては6年目にもローン金利が上がり毎月の返済額もそれに応じて増額していきます。

公庫融資の段階金利につきましては、あくまでも将来収入が増加していくことを前提としていますので、今のように給与が上がらない場合は、住宅ローンの返済方法としては不向きとなります。

尚、毎月の返済額を軽減する方法として、条件が合致していることが前提となりますが、今利用しいる公庫から別の住宅ローンに借り換えを行って頂くことで、毎月の返済額を軽減することができる場合があります。

住宅ローンの借り換えを行うことで、毎月の返済額が軽減できる条件としては、
・借り入れ残高が1,000万円以上残っていること。
・返済期間が10年以上残っていること。
・今の住宅ローンの適用金利と借り換えだ場合のローン金利の差が、1.0%以上になること。
などとなります。

住宅ローンの借り換えに当たっては、ご自身で金融機関でご相談されてもよろしいと考えますし、ファイナンシャル・プランナーなど専門家に依頼してもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

murao さん

渡辺 様

はじめまして。早速ご回答いただきましてありがとうございます。
また、丁寧なご説明を頂き大変参考になり励みになりました。
ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの月々返済額を軽減するには?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/03/15 21:54

今、住宅支援機構(旧住宅金融公庫)から平成7年に3500万円融資を受け現在支払い中です。
その当時35年ステップローン返済を選択したため、初回支払い開始5年間は、支払い金額が低か… [続きを読む]

muraoさん (茨城県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/16 14:01

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの変動金利と固定期間選択型について 背番号1さん  2013-02-08 01:12 回答1件
ネット銀行について 106さん  2010-01-14 00:54 回答2件
親兄弟間の住宅ローンの返済について はりじさん  2009-04-14 00:13 回答2件
住宅ローンについて イチゴ-444さん  2010-03-12 00:28 回答1件