正規の方法ではないですが - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

正規の方法ではないですが

2009/03/12 07:56
(
5.0
)

こんにちは。
所得税の減価償却は、税務上の減価償却費は強制適用ですので、原則、それぞれの年度で適正計上し直す、手続き的には「更正の請求」というものを提出して、過去に計上不足だった減価償却費を必要経費に入れ、その結果としてそれぞれの年の年税額を再計算、した税額に修正する、ということになります。
正しいやり方ではありませんが、
1.意図的に誤ったわけではないこと
2.過去の納税額が「過少」であったわけではなく、多すぎたこと
などから、税務署では、前記の正当な処理をすることも、事務量がかかる処理になるわけです。
正しいやり方ではないですが、差額について、減価償却の欄にもう一行を使用して付記し、記載を、3年分の減価償却額が算出されるように記載、当初計上分の今年の分と、計上不足だった分の今年以前の分の、償却額を今年計上してしまう、こともやり方です。
もしおとがめがなければ、来年からは1行にまとめて書けばいいでしょう。
本来、過去の年分で控除を受けているべきものだったわけで、総額、「違法なものを」控除しているわけでもない、ですから、そのまま通る可能性が高いと思います。
追記した行については、メモ書きで理由を簡記し、取得価額の正当な金額がわかるコピーなど、最小限の資料も添付すればいいです。
税務署も手がかかるので、平成20年分を直したうえで、なおかつ平成19、18年分まで直す、などというめんどくさいことまではしないと思います。
私の経験上は、「よくあること」の一つだと思いますが。
正しい処理ではなく、便宜上、の方法、ですので、おやりになるとしても自己責任、でお願いします。

評価・お礼

kunel さん

早速のご回答をありがとうございました。
「よくあること」の一つ。便宜上、の方法。 との回答が聞けて、少し安心しました。
後になって、二重の入力ミスがあったり、領収書が見つかったり…ということもあります。
それが大きな金額となると、冷や汗モンです。
便宜上の方法で締めて、申告しようと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

償却資産の取得金額ミス

法人・ビジネス 会計・経理 2009/03/12 01:22

固定資産償却資産について。平成18年に取得した建物が実際より300万少ない金額で計上していることに気がつきました。どうしたら良いでしょうか。

kunelさん (山口県/43歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

除却する固定資産の取得について Co.PINKさん  2009-08-19 14:11 回答2件
減価償却資産の取得価格の考え方について Cathさん  2008-01-24 17:51 回答1件
事実上固定資産価値のない車について Chibocchaさん  2013-08-12 20:18 回答1件
中古資産の耐用年数について yukkoさん  2009-07-26 23:33 回答1件