残念ながら、方法がありません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

残念ながら、方法がありません

2009/03/10 15:51

こんにちは。
会社の経理、決算上「役員報酬」として計上している給与については、たとえ未払いであっても、よしみつさんの役員報酬(給与所得)になってしまいます。
役員報酬に対する源泉所得税は、「未払い」であれば、まだ納税されていない、わけですよね?
実際に支給した時に源泉徴収して納税することになります。
確定申告では、役員報酬と、受取家賃収入が収入として記載されるわけでしょうか。
家賃の収入に対応する、20%程度の所得税が発生する、ということでしょうか。
結論から言いまして、収入金額や、税金の額、そのものを、未払いに対応する部分を減額させることは困難です。
実際の収入というのは、キャッシュで手元にきている収入、という意味だと思うのですが、お話は非常によくわかるのですが、残念ながら所得計算、税額計算、で、加味することはできません。
今後の話として、役員報酬を下げる、などの選択肢はありうると思いますが、現在までの部分に関しては、方法がありません。
分割納税、をする、ということは、「滞納」にしてしまうことであり、納期限から2か月経ちますと、延滞税が年利14.6%もかかってしまい、この選択肢もお勧めできません。
お役に立つ回答にならず、すみません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

確定申告時実際の収入に応じた額で納税する便宜的方法

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/03/10 15:32

社長の長期未払い給与(決定分月70万円)確定申告時、実際の収入に応じた額で納税する便宜的方法ないでしょうか?

土木建設業3月決算100%社長出資、従業員約10名の代表者で… [続きを読む]

よしみつさん (富山県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

回答のお礼 2009/03/10 17:50

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の社会保険控除について panさん  2012-11-14 20:21 回答1件
法人税?について ゆそとさん  2008-01-30 01:09 回答1件
個人経営の理容師の申告について トシさん  2007-09-04 12:31 回答5件