按分した妥当な金額を実際に支払うことが必要です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

按分した妥当な金額を実際に支払うことが必要です

2009/03/10 15:30

こんにちは。
家賃について必要経費として認められることは「可能」ではありますが、実際に、家主さんからの借主である「お母さん」に支払う必要があります。
光熱費についても、按分計算した妥当な金額を、実際に「お母さん」に支払う、必要があります。
按分は、実際の使用割合、に応じて、面積や使用時間などで合理的な割合、を使用することになります。
携帯電話についても、必要経費として計上はできますが、どの程度が「事業のための直接の使用か」について、按分計算した上で計上するということになろうと思います。
携帯電話については、当然仕事専用でないのであれば、個人的な使用もあるはずですので、按分割合については、明細をもらって数か月の実績で求めるか、ざっくり折半にするか、というようなやり方になるでしょう。
全額を必要経費とすることは、個人的な使用が全くない、ということになりますので、やめた方がいいと思います。
おわかりでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

青色申告について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/03/10 14:38

オリジナルアクセサリーをオーダーを受けて製作し販売をする仕事を、今までは収入もわずかだったので趣味の範囲でやっていましたが、このたび本格的に始めようと思い開業届を出そうと思っています。製作場としてを母… [続きを読む]

ナコさん (長崎県/26歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告の可否について king758さん  2013-01-02 07:50 回答1件
小規模不動産投資の確定申告について 曇り空さん  2009-03-05 01:15 回答1件
個人経営の理容師の申告について トシさん  2007-09-04 12:31 回答5件
白色申告から青色申告への変更について momo03さん  2012-12-03 15:09 回答1件