準防火地域内の木造3階建てについて - 佐野 靖 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

準防火地域内の木造3階建てについて

2009/03/05 19:25
(
5.0
)

令136条の2の規定で設計する場合『3階の室とその他の部分を区画する』必要があります。
法律の特例などははありません。条文そのままです。
この場合、竪穴区画ではないので階段を区画するのではなく、部屋の扉で区画すればOKです。
令136条の2は(イ)準耐火の基準ができるまではこの基準しかなかったので使用していましたが、開口面積に制限があり狭小敷地には不利なので、現在ではあまり使っていません。
令136条の2の利点は200m2を超えても3階の部屋のみ区画していれば、令112条の竪穴区画が発生してこないので1階、2階をオープンで設計することができますし、区画する戸も常時閉鎖式防火戸でなく、木製フラッシュ戸でOKです。
敷地に余裕があり隣地境界までの距離十分に取れる場合には有効な手段です。
階段や、吹き抜けとその他の部分が一体となるような建物が設計したい場合は(イ)準耐火で延べ床面積200m2以内に設計するしかありません。

評価・お礼

ともも さん

詳しいご説明、本当にありがとうございます。
とても参考になりました。

回答専門家

佐野 靖
佐野 靖
( 建築家 )
アトリエ・イグレック1級建築士事務所 所長

住む人の夢を実現し、安心を提供する。それが設計士の仕事です

『何ができるか?』ではなく『何をしたいか?』をまず伝えて下さい。クライアントの夢を様々な条件を加味し具現化することが設計士の仕事と考えています。家はそこに住まう人々と共に変化していくものです。空間としての家作りをご提案いたします。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

準防火地域内の木造3階建てについて

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/03/04 12:29

意匠設計をやっている者です。経験不足のため、悩んでいます。準防火地域内に木造3階建ての住宅を建てる場合、耐火建築物・準耐火建築物以外で建築可能な技術的規準の中に「3階の室とその他の部… [続きを読む]

とももさん (群馬県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

建物規模によりますが・・・ 八納 啓造(建築家) 2009/03/04 21:47

このQ&Aに類似したQ&A

狭小地3階建ての開口部と斜線制限と格子について museenetさん  2014-07-02 14:10 回答3件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件
完全分離型の二世帯住宅 dancefloorさん  2013-08-14 00:40 回答2件
確認申請について bolsoさん  2012-01-13 10:47 回答1件
住宅性能評価の申請について RSさん  2011-11-26 21:38 回答1件