矯正治療の目的は見かけを治すことではありません。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
河合 悟

河合 悟
歯科医師

- good

矯正治療の目的は見かけを治すことではありません。

2009/03/05 15:35

矯正歯科治療は見かけのためのものと思われがちですが、機能的に優れた(つまりよく咬める)歯並びで、ずっと自分の歯で食べる事ができる健康な未来を手に入れることが矯正歯科治療の目的なのです。
 現代成人の約80%は歯周病に罹患していると言われています。歯周病とは歯を支えている骨(歯槽骨)が種々の原因で溶かされ、歯が動揺し最終的には歯を失ってしまう病気です。歯周病の予防および治療には歯磨きを十分行い、歯と歯茎を清潔に保つことが第一ですが、これだけでは十分と言えません。骨を強く健康に保つには、骨粗鬆症の治療でもよく言われるようにカルシウム、ビタミンDの摂取とともに適度な運動が必要です。運動することで圧縮する力が骨にかかると骨の中のコラーゲン繊維にカルシウムが沈着し、骨は緻密で健康になるわけです。歯槽骨でも同様で適度な力が正しい方向に加わることで骨はしっかりと緻密になっていきます。つまり歯槽骨を緻密に健康に保ち、歯周病に打ち勝つためには、正しい歯並びでよく咬むことが重要になってくるのです。
 矯正治療の本当の目的をもう一度よく考える必要があるのではないでしょうか?

それからこれは医療を受ける時の基本ですが、治療を受けるには覚悟が必要です。「良薬は口に苦し」の格言のごとく、効果的治療法には苦痛が付きものです。巷には、「早い」、「安い」「痛くない」、「見え無い」等々の甘い誘惑が氾濫していますが、甘い言葉の裏には必ず落とし穴があることをお忘れ無く。

樋口矯正歯科クリニック 福岡 
福岡外科矯正ガイド
樋口矯正歯科クリニックの院長のブログ
樋口矯正歯科クリニックのスタッフのブログ

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

30歳以上の八重歯の矯正

心と体・医療健康 矯正・審美歯科 2009/03/04 10:48

右側の片八重歯がチャームポイントと周りから言われ、今まで生きてきました。92歳まで自分の歯で生きた祖祖母を持つ事などもしつこく聞かされて育ち、虫歯がないのが自慢のように思わされてきました。

… [続きを読む]

Milo31さん (奈良県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

歯並びを整える治療方法 石井 さとこ(歯科医師) 2009/03/04 12:58
Re:30歳以上の八重歯の矯正 小谷田 仁(歯科医師) 2009/03/05 03:13
舌側からの矯正治療がおすすめですね。 堀内 晃(歯科医師) 2009/03/05 10:16
八重歯の矯正 倉田 友宏(歯科医師) 2009/03/14 00:16
八重歯の歯列矯正について Dr.TSUBAKI(歯科医師) 2009/03/15 10:08
八重歯の矯正 米田 成位(歯科医師) 2009/03/04 23:47

このQ&Aに類似したQ&A

前歯2本出っ歯、受け口の矯正 夕凪さん  2013-03-28 17:00 回答2件
再矯正、顎変形症について fufunecoさん  2014-07-25 13:24 回答2件
歯の矯正治療のゴール natsuuuさん  2015-10-03 22:51 回答2件
舌癖について tokachihaさん  2014-11-23 02:20 回答1件
幼児の受け口矯正についてご相談です hokkebiさん  2013-07-17 11:34 回答2件