家計管理の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理の件

2009/03/05 10:35

モコモコさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『実家をでても良いと思われる、貯蓄額はどの程度でしょうか?』につきまして、半年から一年程度は生活していけるだけの預貯金を確保しておくようにしてください。

尚、具体的にいくらという具体的な金額はモコモコさんがこれだけ預貯金を確保しておけば安心できる金額となりますので、ご自身で幾らあれば安心して実家でられるのかご検討ください。

『独立後の収入と支出の家計の割合などは、どのように組み立てればよいのでしょうか?』につきまして、まだ独立する前から仮定でアドバイスを行ってもあまり意味がありません。

ただし、手取り月収金額の15%を目標に毎月しっかりと積み立てを行うようにしていってください。

これから必要となるお子様の教育資金など、この機会にいつ頃から幾らかかるのかなど、ライフイベント表を作成して、整理するようにしてください。
できればお子様とふたりででかける旅行なども加えていただければ、楽しいライフイベント表が作成できると考えます。

ライフイベント表を作成することで、いつまでに幾ら貯めるという、具体的な目標を設定することになりますので、貯蓄をする目的がより明確にできると考えます。

尚、住居費用が10万円という金額は少々高すぎると考えます。
手取り月収金額23万円に占める支払い家賃の割合は43%以上になってしまいますので、この水準では家計を維持することは難しくなりますし、貯蓄にまで資金がまわらないと思われます。

家計を維持していくための適切な住居費用の水準としては、28%以内で収まる支払い家賃の水準でお考えください。
母子家庭の場合、都営住宅などでは入居に当たって優遇されますので、ご検討していただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計の割合計画

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/03 00:28

この度離婚し、母子家庭で再出発する事となりました。
現在実家でお世話になっており、4月から1歳になる長男を保育園に預け、職場復帰する予定です。ほぼ貯金0円からのスタートで、お金が貯まったら実家を出て、部… [続きを読む]

モコモコさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

ご実家を離れる際の目標収支ラインと家計の比率の目処 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/03 08:57
現状を把握し、ライフプランを立てましょう 栗本 大介(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/04 23:09
家計の割合計画 2009/03/03 13:01

このQ&Aに類似したQ&A

母子家庭の貯蓄について テケテケさん  2007-10-20 14:24 回答2件
生活プランがわかりません。 テケテケさん  2008-03-27 19:19 回答2件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
保険と今後のライフプランについて ももたんママさん  2011-08-20 05:35 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件