急がば回れ。 - 岩川 昌樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

急がば回れ。

2009/03/02 10:31

はじめまして、FPの岩川です。

現金を手元からなくしてしまうのは、意外と気づかないリスクがあります。
それなりに、貯蓄ができているのであれば、目先の利益を取りに行かず、長期的に有利と考えられる手段、方法を選択することです。

奥様の考えは、今後のいろんなリスクに、より柔軟に対応できると思われます。

住宅ローンは、短期性の「借金」・・・「悪」ではありません。
生活をより快適にするための「ツール」です。


完済を極端に早めて、貯蓄額を増額させるより、
資産(貯蓄)と負債(住宅ローン)を並行管理する方が、あらゆるリスクを軽減できるだけでなく、貯蓄の考え方、方法によっては、繰り上げ返済よりも有利な場合もあります。


繰り上げ返済のメリットは、金利軽減効果に絞られますが、

手元に現金を残しておけば、
「転職や退職、病気、突発的な事故などによる収入の変化」や
「一時的にお金が必要」になった場合でも、回復するまで資金を調達できる。

また、住宅ローン支払者に万一の事があれば、ローンは保険により返済される。

それだけでなく、20年、30年の長期的な返済となれば、物価上昇を加味することができます。つまり長期の場合は、毎月の「返済額」自体の価値も目減りすることになります。

さらに、合理的な長期の資産形成プランができれば、結果的に、繰り上げ返済以上の効果をあげることも十分考えられます。

目の前の「得」だけを考えるならば、繰り上げ返済で良いと思います。
ただ、独立の計画があれば、手元資金を少なくするのは、慎重に検討するべきです。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン返済と貯蓄方法

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/01 12:42

30代後半の共働き夫婦(会社員)です。(子供なし。今後も予定なし。)
3年前にマイホームを購入。 25年ローン(金利2.5%固定) 2000万借入(月約9万返済)
収入 2人で手取り約800万 ローンを組む際、… [続きを読む]

ハナハナハナさん

このQ&Aの回答

住宅ローンと貯蓄について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/01 17:16
住宅ローン返済の優先をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/01 20:51
お二人の夢・目標の中心は? 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/02 15:10
貯金の使途の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/02 18:02
一部を返済にあて60歳完済へ 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/01 17:02

このQ&Aに類似したQ&A

マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
出産後の資金運用について りんけんさん  2008-12-29 22:42 回答4件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件