反対咬合について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

米田 成位

米田 成位
歯科医師

- good

反対咬合について

2009/03/01 00:40

唯さん、はじめまして。

米田歯科醫院の米田と申します。

反対咬合の場合は、昔言われているように「上顎が劣成長、下顎が過成長」
のケースがよくあります。

まだ14歳ということは、これからも骨が成長すると思われます。

できれば成長期(現在)のうちに矯正治療をされた方が良いです。

矯正治療は、一般的な歯の矯正と骨格の矯正の両方を考慮しなければいけません。
現時点では歯の矯正を行い、必要であれば成長が止まった時(一般的に17、8歳以降)
に骨格の手術を行う場合もあります。

最初の相談の時に、ご希望などをよくお話されると良いでしょう。

ご両親ともよく相談してみて下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

反対咬合?

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/02/28 14:40

私は今14歳の中学2年生です。
小学校低学年のころに矯正をしていたのですが
治療費が高額で親に申しわけなく思って途中でやめてしまいました。

いまは上の歯より下の歯の方が
ほんの少し出ているくらいなのですが
横… [続きを読む]

唯さん (千葉県/14歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:反対咬合(受け口)は矯正治療をすれば治せます 小谷田 仁(歯科医師) 2009/03/01 02:10
反対咬合の矯正について。 Dr.TSUBAKI(歯科医師) 2009/03/02 14:32
「反対咬合」は矯正治療の症例です! 石井 さとこ(歯科医師) 2009/03/02 14:36
矯正治療について 倉田 友宏(歯科医師) 2009/03/17 14:53

このQ&Aに類似したQ&A

顎関節症と過蓋咬合です Shingo36さん  2015-06-21 16:03 回答1件
8才の子供の歯が折れた治療法 ソーダ大好きさん  2013-12-05 11:05 回答1件
治療方法について S.Mさん  2012-10-14 09:29 回答1件
銀歯が嫌だ かっぴさん  2012-05-19 10:41 回答1件
歯の治療について miyajiさん  2011-11-08 01:14 回答1件