あなたの所得区分によって対応が異なります。 - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたの所得区分によって対応が異なります。

2009/02/25 14:05

ようじさん、こんにちは

会社から交通費が支給されないとの事ですね。

あなたの所得区分がどこかによって対応が異なります。


まず、給与所得者の場合(源泉徴収票をもらっているはずです)

特定支出控除の対象に入っているかどうかで変わります。

特定支出控除の対象となるためには、会社から支給されなかった交通費の金額が
給与所得控除の金額を超えることが必要です。

給与所得控除の金額は、給与総額(源泉徴収票の左端の金額)から、
給与所得控除後の金額(源泉徴収票の左から2番目)を引いた金額です。

申告書Aの収入金額欄アには給与総額を記入しますが、
所得金額1には給与所得控除後の金額ではなく、
(給与総額ー特定支出控除)の額を記入します。

それ以外は、通常の申告書の書き方と全く一緒ですね。

特定支出控除を申請する場合の様式は以下からダウンロードしてください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/1557/14.pdf

ちなみに特定支出控除の対象となる支出は以下のものになります。

(1)  一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出

(2)  転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出のうち一定のもの

(3)  職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出

(4)  職務に直接必要な資格(一定の資格を除きます。)を取得するための支出

(5)  単身赴任などの場合で、勤務地と自宅の間の旅行のために通常必要な支出のうち一定のもの

 これらの五つの特定支出は、給与の支払者が証明したものに限られます。


また、あなたが給与以外である場合(報酬の法定調書があるといいですね)

会社から支給された交通費も含めて交通費として経費として計上してください。
確定申告の収支報告書で所得計算が必要になります。

会社から支給された交通費は収入(消費税非課税)であげて、
経費で引きますので、これによって課税されることはないですよ。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

必要経費 交通費

マネー 税金 2009/02/24 18:38

会社から出張費(交通費)が半額しか出ません。後の半分は自腹です。これは確定申告に申告すればいくらか戻ってくるのでしょうか?
申告したbヴぁ愛どころ欄に記入すればいいですか?

ようじさん (東京都/29歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告と不動産収入に関する必要経費について smoky&smokyさん  2009-02-11 14:03 回答1件
確定申告の仕方について はっぴ〜ままちゃんさん  2008-06-06 09:32 回答3件
出張手当 mamefatherさん  2008-03-13 10:21 回答1件
子供の扶養について。 カピバラさん  2016-10-17 12:18 回答1件
雑所得の必要経費と扶養について 税は難しいさん  2016-03-04 11:56 回答1件