個人事業の場合には - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
砂川 光一郎

砂川 光一郎
経営コンサルタント

1 good

個人事業の場合には

2010/06/04 01:05

法人ではないので、設立登記(法務局)は必要ありませんが、税務署への届出が必要です。

本当は、
「個人事業の開廃業等届出書」は、1か月以内に出すことなっています。

無申告、脱税行為には当然ペナルティがありますし、
お客様や、従業員の方々に安心していただくためにも
早めに手続きをされた方が良いと思います。


◎融資を受ける場合
金融機関に提出を求められる、納税証明書は、
申告していないと発行してもらうことが出来ません。

一般に、3期分(3年分)の決算書や申告書一式のコピーを要求されることが多いです。


      SKSコンサルティング 砂川

事業
従業員
融資
個人
申告

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人事業登録方法について

法人・ビジネス 会社設立 2009/02/20 12:46

現在、通信事業の下請けとして大手会社から受注をうけての配線工事やパソコンの修理、操作教育などを行っています。初めてから、すでに6年が経過しておりますが、このたび、通信事業の大手より通信機器のメ… [続きを読む]

protocolさん (福島県/57歳/男性)

このQ&Aの回答

個人事業の登録について 小田 和典(税理士) 2010/06/04 21:50

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主と会社設立 ai1979さん  2008-02-09 15:57 回答1件
個人事業の継承を法人化して行うには switchさん  2016-06-08 12:06 回答1件
解散した会社の財産処分、継承について jasmingさん  2015-01-26 00:51 回答1件
会社設立にかんして エスティさん  2014-05-17 15:00 回答2件