ご自分としてどこまでやるか、だと思います - 小笠原 隆夫 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

ご自分としてどこまでやるか、だと思います

2009/02/19 20:43

 こんにちは。文面を拝見すると、会社はなりふり構わず辞めさせるという姿勢のようですね。ご質問の範囲ではご自身の側に非はありませんし、それなりにいろいろ調べた上で交渉されているようなので、それを前提でアドバイスさせて頂きます。

 まず整理解雇の四要件を必ずしも満たしていないとのことなので、解雇そのものが正当かを争うことはできると思いますが、たぶん今さら会社に残る選択は無いと思いますので、解雇に応じる条件を交渉することになるのだと思います。

 ご質問にある会社側の言い分ですが、協議の録音で賠償請求などと言うのは、具体的な損害を与えていないのでありえませんし、就業規則ほかの社内規程は、会社が社員に周知する義務があり、自由に閲覧できるようにしなければなりませんから、見せないなどというのは違法になります。懲戒解雇と言うのも、規定に定めた懲戒事由に抵触しない限りできませんし、労働局へ相談したら懲戒などというのは論外です。セクハラ等については、何らかの賠償を求める材料にはなるかもしれません。

 あとはご自分としてどこまでやるか、ということだと思います。出産目前ですし、争うのが嫌という事なら、泣き寝入りではないですが、相手の言い分に従う方法はあります。自分の主張はしっかりして認められる権利は行使したいなら、そうするべきだと思います。(私個人の考えとしては、その方が会社に法令順守を促すためにも良いと思います。)その場合は、労働局や社外のユニオンといった所に相談したり、最終的には労働審判を利用すれば、比較的早く結論が得られると思います。いずれにしても、社外の相談窓口を活用することが良いと思います。

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

整理解雇について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2009/02/19 17:59

はじめまして。この度3/31に付けで、整理解雇と言い渡されました。希望退職者の募集などを行われていなく、四要件をみたしていないので、会社へ協議を求め出産手当金が3/31では受給できないので、4/1付け… [続きを読む]

riruriruさん (福島県/27歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

慰謝料請求は可能でしょうか? 山田花子さん  2011-12-27 17:13 回答1件
労働時間・給料について nana309さん  2007-07-17 11:39 回答1件
秘密保持と競業避止 まきとさん  2008-07-21 07:13 回答1件
縁故採用の会社のトラブル hizzaleさん  2011-07-05 12:36 回答2件