相続税の改正を見定めてからの名義変更でもいいですね - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の改正を見定めてからの名義変更でもいいですね

2009/02/07 14:16

ncbさん、こんにちは

お父様名義の居宅に引越しされたときにご自分の名義になさるということですね。
吉野先生が指摘されているように、贈与税の対象になります。

贈与税は暦年贈与の場合には、110万円の控除しかありませんので、
そのまま名義変更された場合、

(5000万円-110万円)×30%-650万円=817万円

の贈与税をお支払い頂くことになってしまいます。


それでは大変ですので、吉野先生は現行法で出来る対策として
相続時精算課税の選択をオススメしているわけです。

この場合、贈与時の控除枠が2500万円ありますので、

(5000万円-2500万円)×15%-100万円=275万円

の贈与税負担で済むことになります。



現在相続税法の抜本的改正が準備されています。
今国会には上程されませんが、近い将来改正されるのは間違いないでしょう。
この動きを見定めてからでも遅くないと思います。


また、名義の書き換えをせず、使用貸借として無償で
使い続けることも選択肢の1つでしょう。
そのかわり、遺言にこの物件を遺贈することを書いてもらうのです。

また、相続時まで贈与をしないことで相続税の負担だけで済みます。

現行の相続税は、基礎控除5000万円+1000万円×相続人数
の控除を受けることができますので、
お父様がお母様より先になくなった場合には、8000万円、
お母様が先でも7000万円の控除を受けることができます。

お父様の財産状況しだいではありますが、家2件以外に財産がないのであれば、
今お住まいの家の価値が引き継がれる実家と同程度の5000万円だとすると、

(1億-8000万)×10%=200万円

今お住まいの家が8000万だとしても
(1億3000万-8000万)×30%-650万=850万円

の相続税の負担になります。


相続案件についてはグレーゾーンも多いので、どなたにでもいいので
直接税理士とお会いして相談された方がいいと思いますよ。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

実家の名義変更

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/02/06 16:30

相続や名義変更などを含め、法律に関して全く無知のものです。

父の名義である実家があります(土地付き一戸建て)。
現在、両親はすでに他に家を買ってそちらに住み、その家は居住者のいない状態です。
この家に… [続きを読む]

ncbさん (東京都/35歳/男性)

このQ&Aの回答

相続時精算課税制度のご紹介 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/02/06 18:22

このQ&Aに類似したQ&A

婿入りとそうでない場合の遺産相続について monacoさん  2012-06-21 13:24 回答1件
不動産の兄弟間贈与時の節税方法について フジさんさん  2009-12-25 20:21 回答1件
二世帯住宅の場合の財産分与について kirakira0410さん  2010-10-26 10:07 回答1件
相続時精算課税制度を使えばできるでしょうか 慶子さん  2009-10-17 07:16 回答1件
相続した土地の贈与について ねむりんさん  2009-02-17 11:18 回答1件