私生活を大切に - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

私生活を大切に

2007/04/12 12:28

ハイパープレッシャー下にあって、食欲や睡眠の障害も起こさずに、激しい競争社会を耐えていらっしゃるsolemn Noteさんは、かなりタフな方なのでしょう。
音楽の世界から見れば日本人は異邦人、外国人だからこそ尚更ミスが許されないという状況は、本当に厳しいものと推察いたします。
でも、芸術に技術は不可欠ですが、決して技術だけが芸術を成立させるものではないと、思いませんか。

教授の罵倒は馬の耳に念仏と聞き流し、ライバルたちとは音楽の上だけの付き合いと割り切り、音楽とは全然関係のない、ごく普通の方たちと食事をしたり、おしゃべりを楽しんだり、美術館へ出かけたりといった、ごく普通の私生活を大切になさって下さい。そうして精神のバランスをとること、人生の楽しみを享受することを忘れないで下さい。

感情的なことと、豊かな情緒を表現することとは、根本的に違うことです。情緒的な表現の為に、仮に技術が犠牲になったとしても、それはそれで良いのではないでしょうか。
そのことがきっとsolemn Noteさんの音楽に深みを与えてくれることでしょう。

補足

かつてホロヴィッツが演奏の際のミスタッチを指摘されて、「私はホロヴィッツだ、××××(超絶技巧の演奏家の名前)ではない」と言ったと聞いたことがあります。

精神科医としてではなく、一音楽ファンとして私見を述べさせて頂くなら、東京やヨーロッパの数々の劇場で、多くのスタープレーヤーたちが、素晴らしい技巧を披露した後のアンコールで、小学生でも弾けるような平易な曲を、誰にも真似が出来ないほど情感を込めて、それはそれは美しく演奏されるのを、幾度となく聴いてきました。

優れた宮大工は、必ず最後に傷をわざと付けるのだと聞いたこともあります。完璧なものは神々の嫉妬を買うので、完成度の高いものを、決して完璧にしないのだとか。

また、ずっと以前、画家の中川一政の、無手勝流で書かれたような、小学生が書いたようなつたない文字だけれども、何とも味わい深い書を、見たことがあります。それは見る人の心に迫る、情感のこもった書でした。

技術の向こうにある柔らかな情緒、どうかそれを忘れずにいてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ハイプレッシャー・競争社会で生き抜くには

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2007/04/07 02:47

ロシアのモスクワ音楽院でピアノを勉強しているのですが、あまりのスパルタ教育に精神的にやられそうになっています。ここに来るまではアメリカの音楽院で勉強していたのですが、明るく、幸… [続きを読む]

SolemnNoteさん (東京都/25歳/女性)

このQ&Aの回答

ハイプレッシャー・競争社会で生き抜くには 茅野 分(医師(精神科)) 2007/04/07 09:50
モスクワ音楽院 2007/04/07 16:07
Victor E. Frankl 2007/04/15 00:27

このQ&Aに類似したQ&A

精神疾患の治療と受験勉強の両立についての相談 こななこさん  2014-06-30 23:07 回答1件
病院に行くべきでしょうか? momoko_taiさん  2007-05-31 22:30 回答2件
何か精神的な病気なのでしょうか くのさん  2014-06-23 00:53 回答1件
睡眠過多?うつ? しょこたんさん  2009-11-27 15:50 回答1件