適正な時価・・・。答えがないのです - 平 仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

適正な時価・・・。答えがないのです

2009/02/03 19:45

じぇんぬさん、こんにちは

家を建てるために土地を購入されたのですね。
いい家を建てて頂きたいものです。
AllAboutProfileには建築の専門家も多く登録されておりますので、
いい家のために色々と質問されてはいかがでしょうか。

さて、時価と購入価額が著しく異なる場合には、
仰るとおり、贈与税の対象となります。

贈与税の対象になる金額は、時価と購入価額の差額分ですので、
じぇんぬさんのご指摘の通りです。

ただ、どこからが贈与税の対象になるのかの線引きについては
残念ながら規定上答えはございません。

時価の2分の1以下であれば贈与税の対象になるのは確かですが、
その時価自体が、ただ「時価」としか規定されておらず、
それが公示価格なのか路線価なのか、
周辺の取引相場から推定するものであるのか、
まったく規定されておりません。

そのため、実務上では、全てに対して2分の1以上であれば、
税務調査において否認される可能性は低いと考えられているようです。
また、税務署は路線価で評価するのが基本なので、
路線価で評価するのが一般的でしょう。

頼んでいる税理士がいらっしゃらないのであれば、
税務署に相談されるのが確実でしょう。
税務署の指導が間違っていた場合には、加算税の対象にはなりませんから。

ただ、税務署の指導は、できるだけ安い税額で抑えたい
というニーズには合いません。

取引前でのご相談であれば、試算をした上で取引価額についても
アドバイスできるのですが、すでに取引されているのですよね。

裁判等では、裁判所が指定する不動産鑑定士の鑑定評価が
決め手になることも多いですね。

時価が複数あるためにこのような混乱を生んでいるのですが、
悪法も法は法なので、仕方がないのかもしれません。
そういう法しか作れない議員を選んでしまっているのですから。

こんな中途半端な回答で申し訳ありませんが、規定に答えがない以上、
私としても、ここまでしか答えようがないというのが、現状です。

回答専門家

平 仁
平 仁
( 東京都 / 税理士 )
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家を建てるために主人の伯父から土地を購入しました.
一般的な販売価格の半額程度だったため,贈与税の対象になると聞いたのですが,

1)贈与税の対象となるのは,「一般的な価格… [続きを読む]

じぇんぬさん (京都府/36歳/女性)

このQ&Aの回答

土地の低額譲り受け 佐々木 保幸(税理士) 2009/02/04 00:40

このQ&Aに類似したQ&A

住宅資金の贈与、非課税枠拡大は土地代にも適応する? シェルクリームさん  2010-08-02 23:04 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件
会計処理について質問させて下さい uechan-ueponさん  2012-04-03 13:14 回答1件
土地・住宅の購入時の贈与税について SoraRuiさん  2010-01-26 21:48 回答1件
土地の名義変更後の売買 にじにじさん  2009-11-12 11:38 回答1件