現実問題として・・・ - 村本 睦戸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ITコンサルティング

村本 睦戸 専門家

村本 睦戸
ITコンサルタント

- good

現実問題として・・・

2009/02/01 14:22
(
2.0
)

こんにちは。ホロデックスの村本です。


わたしも法律専門家の立場としてではありませんが、業界人として回答させていただきます。

***結論として、「一般的な考え方」というものはないと思って頂く方が、現実的だと思います。

その起こった問題に対する対応という個別事象の問題ですし、立場によってゴールをどこに持って行くかが変わっていくと思います。

ご質問者の立場は、コンサルタント?発注者?開発請負者?
どこにあるのでしょうか?

いずれにしても、まずこのような問題が発生した場合、作業見積を請負者は出して、発注者&コンサルタントとの話し合いからスタートだと思います。

どのような追加事象にしろ、責任問題の前に、いつどのようなカタチでシステムを稼働させるか?という問題を解決するべきです。


**発注者&コンサルタント側としては
いくら金をかければ、問題のない期間までに、システムを稼働させるかが大事です。
ですので、その対応として「途中検収して、契約打ち切り。別会社に依頼。」「納期延期でシステム完成後、いずれかのカタチでの請負会社に金銭の支払いあるいは請求」となるでしょう。

**請負側としては
通常「追加契約」は、発展的な場合です。ご質問のケースは現実問題として非常に少ないとは思いますが、もし発生したら、その発注会社との関係を維持するのか、しないのか?で、ゴールは変わってきます。作業費をどう考え、そのコストをどう発展的に補填していくかが課題でしょう。
私見ですが、「責任問題」として解決のスタートをきるべきではないと思います。


問題が発生したら、感情問題は別として・・・・
*問題を具体的なモノ(コストなど)に換算してから、話し合うのが基本ではないでしょうか?

補足

追加コメントいただきありがとうございます。

お立場とお気持ち、もっともなことと存じます。

「2」のケースについては、通常よくあるパターンとしては、契約書には
「解除」にあたるケースとして記述される場合が多いと思います。
さらに、「日割の損金」「損害賠償」項目などを記して対応される企業もございます。

しかし、追加コメントの中に指摘されたように、「協議事項」として話し合いにし、「3」をゴールにしたいというのであれば、もともと「契約」というのは、双方がお互いに納得するためにあるツールです。

お考え通りで良いのではないでしょうか?

評価・お礼

mt さん

ご回答をありがとうございます。

個人的な立場としては発注者にはなるのですが、
発注側でも担当者はプロジェクトマネージャであり、
したがって、契約、調達、リスク管理に関する質問に
なります。

実際上、契約上のトラブルは当然、ビジネス上の配慮を
持って処理されることになりますので、
> 「一般的な考え方」というものはないと思って頂く方が、
> 現実的だと思います。

というのはまさしくその通りと思っております。

しかし、担当として、法的なルールを知ることは
BATNA を準備する上で有効であり、どのような対応を
採るにせよ、欲しい情報です。

なぜなら、請負人との交渉に際しても、スポンサーに
対応内容の根拠を説明するにしても、法的なルールは
客観性の極みであり、最大の説得力を持つ
ものであるからです。

村本様の
>「途中検収して、契約打ち切り。別会社に依頼。」
という部分につきましては、解除権の行使にあたり、
初期契約に相当する作業も切り捨てることになります。

この場合、追加作業以外のトラブルがないとすると
請負側にも気の毒ですし、再調達は発注側も辛いので、
なんとか追加作業部分のみに焦点を当てることとし、
その場合の? の疑問、そして手続きとして?のような
考え方で妥当なのかという視点でクリアに出来たら
幸いです。

「本来はこのようなルールですが、それでは双方にとって
不幸なので、このようにしませんか。」と話し合いを
持ちたいわけです。

わたくしの表現不足につきましては
なにとぞご容赦ください。

回答専門家

村本 睦戸
村本 睦戸
( 石川県 / ITコンサルタント )
ホロデックス
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

請負のシステム構築における追加要件

法人・ビジネス ITコンサルティング 2009/01/31 20:02

請負契約におけるサービスや成果物に追加が発生した時の
考え方を教えていただけたら幸いです。

SI においては特に、さまざまな理由で発注元から請負側へ追加要求が
行われることがあたりま… [続きを読む]

mtさん (東京都/42歳/男性)

このQ&Aの回答

ご参考にして下さい 濱田 崇(ITコンサルタント) 2009/02/01 00:01
元々の契約内容によります 岡本 興一(ITコンサルタント) 2009/02/02 10:12
法律的観点でいえば 上原 正吉(Webプロデューサー) 2009/02/02 13:41

このQ&Aに類似したQ&A

マッチングサイトのシステム構築と方法についての質問 sakura_flowersさん  2015-04-13 19:54 回答1件
個人情報保護法における管理とは? k19さん  2009-04-10 17:10 回答4件
非常時を想定して、Webサイトの管理を分散させたい 専門家プロファイルさん  2009-02-12 19:21 回答6件
BCMやBCPを見据えたWEBサービスの保守体制 専門家プロファイルさん  2008-08-28 10:09 回答4件
facebook登録のメリット・デメリット ancoさん  2012-07-17 17:42 回答2件