ライフプランの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランの件

2009/01/28 22:05

Ryoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今どのように過ごしたらよいのでしょうか。』につきまして、収入の減少が家計に与える影響ははかり知れません。

また、収入が急激に減少したからといっても、できる対処もあればできないこともあります。

月収が減ってしまったにもかかわらず、ふたり合わせた毎月の手取り月収金額260,000円に占める貯蓄金額75,000円の割合は28.8%となり、20%を超えていますので、貯蓄水準としては決して低い水準ではありません。

将来のライフイベントを実現していくためには、貯蓄は欠かせませんので、これからも家計に無理のない範囲内でふたりで頑張って貯蓄をしていってください。

尚、支出の明細がわからないのですが、支払い保険料に死亡保険が含まれていましたら、お互いに収入がありますので、あまり過剰な保障は必要ありません。
その場合、多少ですが削減の余地があります。

また、現在150万円ほど貯蓄ができていますので、場合によっては一部を取り崩してもよろしいと考えます。
貯蓄の目的のひとつに、いざというときに備えて行っているのですから、そう思っていただくだけでも気持ちのうえでゆとりがうまれると考えます。

尚、出産につきまして、まだ26才と若いのですから今から慌てる必要は決してありません。
私は会員制でもライフプランニングを行っていますが、ライフプランニングをするようになって30才を過ぎてから無事に出産した方がたくさんいます。

ライフプラン設計をすることで、将来の見通しが立てられますので、お金に関して不安が解消され安心できたことも影響しているのかも知れません。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生活が苦しいですが子どもが欲しい。

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/28 12:35

たびたびこちらのサイトで相談させていただいている
者ですがライフシミュレーションが狂いはじめました。

現在この不況の影響で旦那様のお給料が
手取り10万円になり私はおよそ16万円
二人… [続きを読む]

Ryo*さん (栃木県/26歳/女性)

このQ&Aの回答

家計について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 14:05
人生のシナリオが狂ったとき 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 22:28
今の貯蓄ペースを維持しましょう 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 15:57
涙が出るほど・・・ 2009/01/28 22:14

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断、家購入と保険について starman2016さん  2016-01-30 17:08 回答1件
生活が苦しいです。 えりてぃまさん  2013-11-07 07:55 回答2件
第二子を望むにあたり不安があります… mimicoooさん  2012-05-31 08:47 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
現在の家計について yuri1206さん  2011-08-22 20:09 回答2件