住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/01/28 10:08

レトリバーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今購入に踏み切って大丈夫でしょうか?』につきまして、具体的な検討課題として、
1.毎月しっかりと返済していけるのかと言う点。
2.定年後に地元にかえるとした場合の建築費用の捻出。
ということになります。

毎月住宅ローンを組んで家計に過剰な負担がかかることなく返済していくためにも、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、28%程度に収まるようにしてください。

住宅ローンの負担割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄ができなくなってしまい、将来予定しているライフイベント資金にも、支障をきたす場合がありますので、住宅購入にあたっての資金計画はとても重要となります。

特に住宅ローンの場合、返済期間が30年〜35年と長期に渡るため尚更重要となります。

また、定年後の地元に帰る場合、住宅の建築費用を捻出するひつようがありますが、購入するマンションを売却して建築費用の全部または一部に充当できるのかや、今のうちから貯金をはじめて準備しておくかなど、これから予定しているライフイベントやそれにかかる費用などを一度整理したうえで、キャッシュフロー表を作成したうえで、何通りかのシミュレーションを行っていただくことをおすすめいたします。

キャッシュフロー表を作成することで、どのようなマネープランがベストなのかなど、判断をしていただくのに有効です。

文章の内容から判断すると基本的には前向きにご検討していただいても大丈夫だと思われますが、この機会に一度しっかりとマネープランをたててみるとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

いずれ地元に帰るかも。マンション買うべき?

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/28 00:16

一年前に4200万のマンションを見つけ、その価格が現在3500万に値引きされており、そこからさらに今購入すれば200万諸費用分を負担してくれるということでトータル3300万の… [続きを読む]

レトリバーさん (東京都/28歳/女性)

このQ&Aの回答

長期の計画をさらに詳細に作成してみましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 07:30
賃貸と持ち家の比較対象のポイントをお伝えします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 08:37
定年までの暮らしをどうするか? 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 10:18
住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 12:18
マンション購入の判断材料です 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 14:38
購入の前にライフプランを! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 07:43

このQ&Aに類似したQ&A

ローン後の家賃について ゆず&みかんさん  2013-05-06 16:38 回答1件
中古戸建て購入か、新築か まゆまゆっちさん  2010-02-01 11:07 回答3件
住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
家賃、貯蓄について。。 イヴ姫愛夢さん  2014-02-22 13:36 回答2件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件