ガルバリウム屋根、瓦屋根の長短 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

ガルバリウム屋根、瓦屋根の長短

2009/01/27 22:21
(
5.0
)

そーすけさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡と申します。

外壁や屋根は、大変過酷な環境下にあります。
このような環境で高い耐久性を持ち、火災に耐え、かつ美しくリーズナブルな材料となると、使える材料は僅かしかありません。

その中でガルバリウム鋼板は耐久性が高く、シャープで美しいため、私も屋根のみならず、外壁にも良く使用します。

写真は、角波とも呼ばれているスパンドレルの外壁と、屋根に良く使われる平葺き、菱葺きを外壁に使用した例です。

私は、住宅では外壁では半分強ガルバリウムを使っていますが、屋根ではほぼ100%ガルバリウム鋼板です。


雨音と熱を心配とのことですね。
熱に関しては、瓦でもガルバリウムでも、まずしっかりした断熱が必須です。
さらに、通気層を取ることで、かなり熱負荷を和らげることができます。

雨音は、確かにガルバリウム屋根の(数少ない)欠点でしょう。(私の事務所の屋根が通気なしのガルバリウム屋根で、雨音がします)
雨音も、通気層で屋根が2重になることで、かなり軽減されます。

ちなみに、ガルバリウム屋根で、これらのクレームが出たことはありません。


瓦とは、日本瓦でしょうか。
日本瓦は、ガルバリウムの色と形によっては、おもしろい組合せかもしれません。
ただ、軒のない片流れ箱形のシンプルモダンで日本瓦はどうでしょうか。

洋瓦では、片流れ箱形のシャープさが出ないと思います。

瓦(特に日本瓦)は、重量が重いため、軽いガルバリウム屋根に比べ、建物構造体の耐震性能がより多く必要となります。


心配されている雨音、熱に関しては、ガルバリウム屋根で解決することができるので、シャープな建物形状を望まれるということからすると、屋根もガルバリウムが合うと思いますが、いかがでしょうか。


詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

補足

・ガルバリウムの錆
トタン(亜鉛)やガルバリウム(亜鉛+アルミ)は、金属の化学的性質(イオン化傾向)により、鉄の錆を防止するので、単なる塗装皮膜と異なる耐錆性を確保します。

とはいえ、錆に強いはずの亜鉛メッキでも鉄が錆びることがあります。亜鉛付着量の問題と思います。
ガルバリウムでも最近錆が出たという記事を時々目にします。

材料を吟味すると共に、施工は注意が必要ですね。

・窓廻り
どの外壁材料でも、外壁材料だけで完全な防水を期待するのはなかなか難しいです。

さらに、木造の場合、壁内結露を防ぐ点から、構造体壁面と外壁材の間に通気層を設ける、通気工法が優れています。

通気工法では、空気の出口、入口があるので、台風のような嵐の時は、雨が侵入する可能性があります。

従って、外壁の防水は、外壁の内側の防水紙で、サッシ廻りを含め完結することが必要です。これが基本的な考え方。

そうすれば、外壁窓廻りは、完璧に水を止める必要はなく、むしろ入った水を外に排出する必要があります。

サッシは断面がツバ状の形状のため、後から差し込むガルスパンとのクリアランスを0にすることはできず、美観上の意味からも通常シールで仕上げます。
サッシ廻り用の部材を使えば、シールは必要ないかもしれません。(サッシ廻りに部材が廻るのは、うるさいかも)

・断熱性能
ガルスパンは、通気工法の場合、通気層は外気温と変わらないので、ウレタン断熱材があっても断熱性能は期待できません。

夏日射を受けた時の熱負荷を和らげる効果はあると思います。

パルティータ建築工房
森岡 篤

評価・お礼

そーすけ さん

とても判りやすくご説明頂き感謝しております。
ご回答ありがとう御座いました。
材料自体シャープなイメージでとても気にいっております。私としても屋根もガルバリウムとしたいのですが工務店から強く瓦屋根を勧められました。屋根下地に通気層を確保し耐震性を考慮すれば日本瓦屋根+外壁ガルバリウムでもデザインや色によっては面白いとの事で、片流れの軒なしでは微妙という事ですね・・・。日本瓦を使うのであれば成るべくシンプルな形状であるフラット瓦かと考えておりました。トータルで判断して行きたいと思います。

追加のご質問になってしまうのですがご教授下さい。
・ガルバリウム鋼板を使った場合現場で加工する際、材料の切り口から錆びてしまうとか、もらい錆を受けやすいという事を知ったのですがそのような問題は実際多くあるのでしょうか?
・外壁に使用するガルバリウムのメーカーはアイジー工業の金属サイディング/ガルスパンという断熱材が挟まれているもので、通気胴縁に止めていくとの事です。ガルバリウムといってもパネルですのでパネルとパネルの間や窓廻りはシーリング処理となるのでしょうか?
・外壁はいくら耐用年数があってもシーリングは切れればメンテナンスが必要ですよね。シーリングを必要としない何かよい方法はあるのでしょうか?
・断熱材を挟んだガルバリウムは、外壁の一番外側に位置しますが、断熱材を挟んだ分断熱性能は上がるのでしょうか?
以上宜しくお願い致します。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

瓦屋根と外壁ガルバリウムの組合せについて

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/01/27 20:12

屋根と外壁材の組み合わせについての質問です。

現在自邸を計画中ですが、
外壁は私の要望によりガルバリウム鋼板にきまり、屋根材に何を使うかで迷っております。
工務店さんは瓦を強… [続きを読む]

そーすけさん (埼玉県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

外壁と屋根材 横山 彰人(建築家) 2009/02/02 09:23

このQ&Aに類似したQ&A

一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
断熱材付きガルバリウム鋼板の性能について rgkkc588さん  2011-08-19 22:12 回答2件
南の隣家の高い塀対策プラン。 poiさん  2014-09-01 12:13 回答5件
庇(ひさし)のない屋根のリスク garugaruさん  2012-04-08 09:40 回答2件