長期的な視点から準備を行いましょう。 - 大間 武 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

長期的な視点から準備を行いましょう。

2009/01/26 23:24

JFKさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間武です。

ご質問の「住宅ローンと教育資金の不安」についてですが、
 住宅ローンについてはJFKさんもお気づきの通り
 返済完了年齢がリタイアした後の74歳となっている点が
 今後改善すべき点となります。

 教育資金はお子様の教育方針・方向性次第で
 必要な金額が大きく変わってくるため
 奥様や(ときにはお子様とも)お話をする必要があります。

☆上記のうち教育資金が必要な金額の総額が見えない部分で
 不安感は大きいと思います。

☆教育資金と住宅ローン繰上げ返済の優先順位については、
 教育資金がお子様に年齢とともに絶対必要となる部分ですので
  教育資金の準備を早めに行うことが先になりますが
  住宅ローンの繰上げ返済も同時に準備が必要です。

☆いただいた家計収支で見直すべき点は
 「全ての項目について」再度検証してください。

多額の資金を限られた中から捻出する必要があるので
この機会に奥様と一緒に、長期的な視点で

 今後の予定、改善すべき点、実現したい事など
 長期のスケジュールである「ライフプラン表」と

 そのプランを金額に落とし込んで時系列に並べて
 お金の流れを見る「キャッシュフロー表」

を作成してください。

いつの時も
より良い「物」「サービス」「資金」などを
より安く購入・調達する
という気持ち、心がけを忘れず実行していれば
自然と身についてきます。

JFKさんご家族みなさんで
同じ目標に向かって行動すれば
家族の結束力も高まり
プラン実現の可能性も高まります。

ぜひとも家族全員参加で行ってみてください。

回答専門家

大間 武
大間 武
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

35年住宅ローンと教育資金で将来が不安です

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/26 15:42

4人家族
夫(39)サラリーマン 年収 約570万(税込総額)年収上昇率:2%(57歳以降嘱託扱い)
妻(36)専業主婦   
長女(8)小学3年
次女(6)小学1年

貯蓄額  :約50… [続きを読む]

JFKさん (茨城県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンと教育資金について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 16:51
将来計画作成と改善のポイント 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 17:39
教育費と住宅ローンについて 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 17:39
住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 18:13
教育資金を優先しましょう 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 17:28
教育資金確保を優先しましょう 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 11:44

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件