教育費と住宅ローンについて - 上津原 章 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

教育費と住宅ローンについて

2009/01/26 17:39

JFKさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

教育費のことがかなり気になりますね。
教育ローンのお世話になるかもしれないという気持ちも非常によく分かります。奨学金制度も上手に活用したいところですが、使わなくて済めばそのほうがよいといったところでしょうか。

教育費については、いろいろと悩むところです。ただ、教育費をかければよいものでもないのでしょう。結局のところ、かけたお金が子どもさんの将来の自立に結びつくかどうか、能力を開花させるのに結びつくかどうかといったところだと思います。

その他の家計支出ということでみると、金額だけでの判断になりますが、水道光熱費はかけすぎのように思います。生活雑費は食費も含まれているのだと思いますが、もう少し精査する必要がありそうです。

住宅ローンの繰り上げ返済についてですが、
今の家計では、期間短縮型の繰り上げ返済はとっさの時の家計の安定性を損ねてしまいます。確かに74歳まで返済が続くのは不安なように思えます。返したい気持ちも分かります。でも、今は貯蓄を増やして家計を安定させるほうが先です。

終身保険についてですが、葬儀代や身辺整理のための費用の保障にとどめておくべきだと思います。あとは、生活保障や子どもさんの学費の保障をカバーするのが大切です。
ゆとりは、長生きした時のために使ってください。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
( 山口県 / ファイナンシャルプランナー )
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

35年住宅ローンと教育資金で将来が不安です

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/26 15:42

4人家族
夫(39)サラリーマン 年収 約570万(税込総額)年収上昇率:2%(57歳以降嘱託扱い)
妻(36)専業主婦   
長女(8)小学3年
次女(6)小学1年

貯蓄額  :約50… [続きを読む]

JFKさん (茨城県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンと教育資金について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 16:51
将来計画作成と改善のポイント 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 17:39
住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 18:13
長期的な視点から準備を行いましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 23:24
教育資金を優先しましょう 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 17:28
教育資金確保を優先しましょう 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 11:44

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件