家計管理の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理の件

2009/01/26 11:48

ぽんぽこ花子さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『なんとか説得する方法はないのでしょうか?』につきまして、ぽんぽこ花子さんのご家庭の場合、お子様が双子ということもあり、これからかかるようになる教育資金につきましては、同時にふたり分かかることになりますので、今後の家計負担は相当なものとなります。

通常、子どもがふたりというご家庭でも、出産時期がずれていることもあり、教育資金負担もある程度は分散することができますが、双子のお子様がいるご家庭の場合は、そういう訳には行きません。

また、今後、基本生活費も増加していくことにもなりますので、今うちらかしっかりと家計管理を行っていただき、将来の教育資金に備えてしっかりと貯蓄をしていただく必要があります。

尚、ぽんぽこ花子さんは育休のため、今はご主人様の収入がメインとなりますので、過剰と思われる家計支出を見直すのにはいい時期です。

家計簿データを拝見すると、ご主人様のお小遣い以外は特に過剰と思われる支出項目はみあたりません。

よって、ぽんぽこ花子のお考えのとおり、ご主人様の小遣いにつきまして、少し削減をしてもよろしいと考えます。

家計収支のバランスを考慮した場合、小遣いにつきましては手取り月収金額の10%ほどとなりますので、ご主人様におかれましては、3万円が目安となります。

この機会に家計全般について、さらにお子様の将来の教育資金のことなど将来のライフプランにつきまして、ふたりでじっくりと話し合っていただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

育児休業中の家計について

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/26 01:35

現在、育児休業中で2人の子供(1歳の双子)を育てています。
共働きの時と比べると収入が激減していますが、夫にその自覚が薄く、小遣いの減額に応じてくれません。
大赤字というわけではないので、貯金… [続きを読む]

ぽんぽこ花子さん (大阪府/33歳/女性)

このQ&Aの回答

家計の将来像把握をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 08:28
小遣いを減らせない理由をご主人に聞く。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 14:07
育児中の家計 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/27 08:17
住宅ローンに対する考え方 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 08:15
こづかいの前に生活費の削減を! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/26 10:30

このQ&Aに類似したQ&A

収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
家計の見直しについて(第2子出産&妻の退職後) happylifeさん  2009-04-01 02:06 回答5件
子供が生まれますが、貯金もなく・・・。 ねずみさん  2008-09-30 09:35 回答5件
毎月赤字です。家計診断をお願いします。 mameden's momさん  2008-08-31 09:37 回答5件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件