中古資産の減価償却は - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

中古資産の減価償却は

2009/01/25 13:42

こんにちは。
他の人のご質問の回答ではなかなか分かりにくい部分があると思います。

まず、昨年の11月に取得した事業用の自動車、ということですが、事業開始が本年1月ということですので、事業の用に供したのは本年1月、ということだろうと思います。
従いまして、取得したのが昨年11月であることは特に問題になりません。
事業が開始されていない期間は事業の用に使用することはできませんから。

いわゆる通常の自動車であれば耐用年数は6年ですので、7年落ちということはすでに法定耐用年数は経過していることになります。
その場合の中古資産の耐用年数は、
法定耐用年数(6年)×0.2=1.2年   となります。
その結果が2年未満の場合には、耐用年数2年とされます。

現在は、残存価額1円まで減価償却できますので、
1年目(今年):375000円
2年目(来年):374999円
を減価償却費として計上することになります。
おわかりいただけたでしょうか?

個人事業の場合には、事業専用の自動車なら問題ありませんが、自家用車との兼用の自動車の場合には、このように100%の金額を事業上減価償却費として計上することはできず、折半などの方法で使用割合に応じて計上することが必要となりますので、注意してください。

起業が軌道に乗るといいですね。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古自動車の原価償却

法人・ビジネス 会計・経理 2009/01/25 12:46

同じような質問が多いですが、改めて質問させて下さい。

平成21年1月に起業した者です。
平成20年11月に起業に向け7年落ちの中古車を75万円で
購入したのですが、
この場合の原価償却計算をご教授願え… [続きを読む]

sinzerさん (千葉県/34歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

中古資産の耐用年数について yukkoさん  2009-07-26 23:33 回答1件
20日締めの売上処理について kimura316さん  2009-02-25 15:50 回答1件
ライセンス料の計上 かつちさん  2015-06-29 13:45 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件