住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/01/23 10:01

nukkさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『ローンの事前審査は通りましたが、客観的にみていかがでしょうか?』につきまして、住宅ローンを組んだあとからでも無理なく返済していくためには、手取り月収金額の28.0%程度に収まるように住宅ローンを組むようにしてください。

手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が30.0%を超えると思うように貯蓄ができなくなってしまい、将来予定しているお子様の教育資金にも支障をきたす場合があります。

尚、住宅ローンの負担割合が28.0%に収まってるにもかかわらず、思うように貯蓄ができていないという場合、家計管理に問題がありますので、一度、見直しをしていただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの妥当性

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/01/23 02:00

マンション購入で悩んでいます。
35歳の会社員、年収総支給額は670万円、手取りの年収は490万円でした。
妻と4歳、0歳の子供二人。現在家賃7万円のアパートです。

借り入れ1900万円。頭金無し。
35年ローン… [続きを読む]

nukkさん (徳島県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの妥当性について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2009/01/23 09:11
住宅ローンの判断 杉浦 順司(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/23 09:06

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
夫が義父母の住宅ローンの連帯債務者に ほんのきさん  2013-03-01 00:23 回答0件
相続対策と住宅ローン借入について ハナ875215さん  2015-09-07 14:03 回答1件
マンション売却か賃貸か Mone55670416さん  2011-11-20 20:24 回答1件
住宅ローン審査について だいきままさん  2010-08-18 16:38 回答5件