借り換えの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

借り換えの件

2009/01/21 10:14

なささんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『借り換えを選択しても、固定や変動はどうするのが一番リスクが少ないか...』につきまして、住宅ローンの借り換えを行うに当たりメリットがある滋養権として、
1.ローン残高が1,000万円以上残っていること。
2.返済期間が10以上残っていること。
3.借り換えを行った場合のローン金利と、現在のローン金利差が1.0%以上になること。
などとなります。

3.番目の条件につきまして、ネット上で特定の金融機関名を提示することは出来ませんので、ご自身で調べていただくか、専門家の方にご相談していただくとよろしいと考えます。
尚、ご相談をされる場合、多少費用がかかっても中立公正で責任のあるアドバイスをしてもらえる方を選ぶことをおすすめいたします。
タダほど高いものはないことは仕事をしている方でしたら、きっと分かると思います。
大事の前の小事です。

また、住宅ローンを組むに家計への当たりリスクを軽減を軽減するためには、将来の返済プランが重要となります。

具体的にはほぼ毎年のように繰り上げ返済が可能ということでしたら、適用金利が低くて済む変動金利や短期固定金利を選択することをおすすめいたします。

この場合とは逆に繰り上げ返済はせいぜい3年に一回程度ということでしたら、多少金利が高くなってしまっても長期固定金利にすることで、途中からローン金利が上がり、返済額が増えるような心配がありませんので、将来のマネープランがたてやすくなります。

毎年貯蓄がどの位できるのかなども勘案しながら決定するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの借り換え相談

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/01/20 19:16

夫婦共に無知で、住宅ローンの借り換えをした方が得なのではないかという思いはあるのですが、実際のところどうなのか悩んでいまして...
銀行の相談会等に参加すればいいのかと思いましたが、どこの銀行が… [続きを読む]

なささん (埼玉県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの借り換え相談について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2009/01/20 21:48

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの選択 たーさんさん  2006-11-01 05:45 回答2件
住宅ローンの変動金利と固定期間選択型について 背番号1さん  2013-02-08 01:12 回答1件
住宅ローン審査に影響は?借入は可能? マヒナさん  2012-01-07 01:28 回答4件