外貨預金以外で資産形成を考えると方法は二つ - 岩川 昌樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

1 good

外貨預金以外で資産形成を考えると方法は二つ

2009/01/12 22:12

はじめまして、FPの岩川と申します。

シンガポールの金融機関で、シンドルを保有していれば、運用の選択肢はたくさんありますが、日本の金融機関は、シンドルで決済できる金融商品は、ほとんどありません。

つまり、外貨預金以外で資産形成を考えると方法は二つです。

ひとつは、国内で、円、米ドル、ユーロなどに転換して運用する。
(米ドル、ユーロでも商品は限られますが。)
もうひとつは、海外で運用する。

国内で運用するならば、
米ドル(やユーロ)で決済できる投資信託を利用すれば、シンドルを円転するほど、資産を縮小させずに済むと思います。しかし、米ドルで運用することが、将来的に目的に合うかどうかも問題です。

もうひとつは、海外での運用ですが、
現在の保有通貨や現地の環境、事情を理解していることを考えると、シンガポールの金融機関に送金し、運用するのも選択肢では?

シンガポールの証券会社であれば、為替の影響なく、豊富な金融商品の購入も可能です。
また、MMFでも1%の利率はあります。管理はすべてネットで行えるので不便ではないと思います。

上記は、あくまでも、現在の為替の影響を出来るだけ回避することを前提に申し上げましたが、将来的に日本で老後を迎えるのであれば、一部は為替を無視し、円転して運用した方が良いという事もあります。

私もシンガポールには毎年行きますので、現地の金融商品の購入、管理方法の概要ならお答えできますので、ご質問があれば気軽にどうぞ。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

シンガポールドルの運用方法

マネー 投資相談 2009/01/12 11:37

以前働いていた国での給与支払いがシンガポールドルであり、現在シンガポールドルでの預金が75,000SGDほどあります。
現在は日本の金融機関の外貨定期預金においてありますが、金利は0.3%ほ… [続きを読む]

pino umiさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

お金の分散保全と移転方法 qwer789さん  2012-03-10 13:59 回答2件
日本帰国時の外貨円転 Starguitarさん  2011-05-08 01:45 回答1件
外貨での運用 コブラさん  2008-08-16 17:08 回答4件
外貨シフトのアドバイス こずちさん  2008-03-18 03:59 回答4件
投資運用 びよこさん  2015-04-14 01:03 回答2件