返済負担率の試算と将来計画作成のお勧め - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

返済負担率の試算と将来計画作成のお勧め

2009/01/05 22:05

マリメッコ 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

住宅ローンを借り入れた場合の重要な指標の一つに、年間収入に対する返済額の割合=返済負担率になります。通常は20%未満が望ましく、高くても25%以下であれば何とか家計は維持できると考えています。
また、借入金は退職の際には完済されていることが、老後の生活のため望ましい期間になります。

もし、物件価格の1,600万円を全額住宅ローンで賄った場合、ご主人のお歳もマリメッコ様と同年と考え、30年返済(65歳までに完済)、元利均等払い、固定金利3.3%(フラット35の12月適用金利最頻値3.13%に保障料等を考慮)で試算しますと、月々の支払は7万円で年間84万円になります(住宅保証機構シミュレーション使用)

お二人のご収入に対しては、返済負担率は17.9%ですから、お子様を得ても返済は可能と考えます。

また、ご主人の収入のみに対しては、24.7%で上限に近くなります。
従いまして、出来ればお子様を得た後でもマリメッコ様のご収入確保をお勧めします。

なお、これらを含め将来計画の作成をお勧めします。
 将来の夢や希望をご家族のイベント例えば、出産・進学、車・住宅の購入、レジャーや趣味を費用とともに記載するイベント表と、
収入・支出そしてローンの返済と貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表です。

これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。

サンプルを下記に記載しています、ご一読ください
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/list/series/7802/

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

1600万前後の住宅購入の件について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/01/05 18:32

以前はお世話になりました。

今回はマンション購入に関してアドバイス頂ければと思います。
(主人年収約340万・私年収130万 貯蓄300万)

諸費用は現金で、残りは住宅ローンで支払いた… [続きを読む]

マリメッコさん (宮城県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

マンション購入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/05 18:53
住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/05 19:23
できる方法を考えてみる。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/06 10:19
1600万前後の住宅購入の件について 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/06 20:10
ローン以外のことも大切ですよ。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/06 13:43
無謀とも思えませんが。 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/06 17:25

このQ&Aに類似したQ&A

手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
マンション売却か賃貸か Mone55670416さん  2011-11-20 20:24 回答1件
果たして住宅ローンを組めるのかどうか… aquariusさん  2011-04-14 21:28 回答2件