今後の生活設計の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

今後の生活設計の件

2008/12/30 18:05

めるはばさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『約10年後、住宅ローンが組めるとして、それまでにどれくらい貯金し、いくらのこしていくらくらいの物件を目指せばいいのでしょうか?』につきまして、例えば、希望価格2,000万円の物件を購入するとした場合、頭金として物件価格の20%を用意することをお勧め致します。
また、諸費用につきましても、中古物件を購入する場合、通常の諸費用に仲介手数料が別途かかりますので、物件価格の10%〜15%程度は用意しておくことをおすすめいたします。

よって、住宅購入資金として、700万円ほどの資金を確保できるように頑張ってください。

尚、追記で老後資金にも触れていますが、お子様方が現在中学生で、高校を卒業するまでの教育資金負担を想定する必要がありますので、お子様方が高校を卒業してから本格的に住宅購入資金や老後資金のための貯蓄にお金が充当できるようになるものと思われます。

よって、教育資金がかかる今のうちはあまり無理な貯蓄プランをたてることなく、むしろお子様方と過ごす時間を大切にしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

破産後の生活設計

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/12/30 08:23

40歳女性。元夫の保証人のため2007年6月に破産・免責。その後、離婚し勉強して自営業を始め現在、順調に年600万円ほど稼いでおります。中学生の子供2人がおります。
銀行系・クレジット系・消費者系全てブラックと… [続きを読む]

めるはばさん (神奈川県/40歳/女性)

このQ&Aの回答

小規模企業共済と国民年金基金のご紹介と家賃について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/30 09:56
今後の生活設計について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/30 11:55

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン審査について だいきままさん  2010-08-18 16:38 回答5件
繰り上げ返済のタイミングについて ゆうぱぱさん  2012-12-24 06:31 回答3件
住宅ローン審査について manakanaさん  2012-12-06 14:07 回答1件
住宅購入について gogo-tadaさん  2012-10-02 01:06 回答1件