現職を維持し、腰を据えて、転職に臨みましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

現職を維持し、腰を据えて、転職に臨みましょう。

2008/12/28 16:57

こんにちは、soltさん。My人事の葉玉です。

お悩みの件、痛いほど、よくわかりますが、現時点での転職が
より有利な条件を引き出せるかどうか、微妙なのではないかと
思います。

''> いっそ一般企業へのキャリアチェンジの方が〜''

中高年でのキャリアチェンジは、何かしらのキラースキルがない限り
面接さえままならない、というのが現状です。

''> これまでの経歴を活かすなら、〜''

中高年の転職における必勝法は、やはり、これまでの経験やスキルを
如何にアピールできるか、魅力的に迫れるか、にかかっています。

私的なアドバイスとしては、

''1.腰を据えて現職を活かせる求人を探す''

転職を有利に進める原則は、現職中に行動を起こす、事です。

退職後の求人活動は、時間との戦いになり、長引くほど
精神的、経済的に追い込まれ、結果、前職を下回る条件の
所でさえ、就職がままならない、状況になりかねません。

特に、今の時期は、耐える時期だと思います。

1〜2年くらいをかけるつもりで、戦略戦術をしっかりと練り、
転職活動に臨まれることをお勧めします。

''2.ポイントを絞り定期的に求人先の情報を収集する''

同じ仕事内容でも、会社によっては、より良い条件での雇用も
可能となるケースは、けっこう多いものです。

タイミングを逃さず、その求人をしっかりとつかめるように、
普段からの情報収集と準備を怠りなく進める事が肝要でしょう。

同業界の大手系の募集や、知名度のある企業の新規参入など
マネージャーとしての経歴を活かせる機会を逃さないように
しましょう。

中高年にとっての転職には、相応の覚悟としっかりとした
キャリアヴィジョンの策定、事前の情報収集、対策と準備、
等々が必要です。

以上、ご一考いただければ幸いです。

大変だと思いますが、明日に希望を持って、頑張ってください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

福祉のキャリアの可能性について

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/12/27 20:11

はじめまして。
現在、私設の障害者福祉施設に勤めております。
10年勤務しており、現場ではマネージャー職をしております。
給与があがらず、勤務時間も長く不規則なため、家族のことも考えて転職… [続きを読む]

soltさん (千葉県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

転職活動 中井 雅祥(転職コンサルタント) 2008/12/29 10:33
やってこられた事に自信を持って 再木 奈生(研修講師) 2008/12/28 12:17

このQ&Aに類似したQ&A

民間に就職か来年の公務員受験か【学生】 しゅうだいさん  2013-08-20 12:47 回答1件
今後のキャリアプランについて ゆうこ***さん  2012-11-23 11:28 回答1件
社会福祉士を続けるべきでしょうか? su70hu80さん  2009-05-07 21:58 回答2件
今後特定派遣を今後続けていくにあたって。 たにみずさん  2015-05-29 20:55 回答1件
子育てとキャリアプラン takako12さん  2012-10-28 01:39 回答2件