ネガティブ・チェックという手法もあります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネガティブ・チェックという手法もあります。

2009/01/01 18:40

語源や由来だけでなく、口語体として慣用句化している言葉もあります。
そういった言葉と同じ「音」になってしまったり、
似た印象になってしまったり、ということは、少なくありません。

今回は「国内販売」の案件ですので、
厳密にネイティブチェックを通す必要まではないかと思いますが、
それでも、商品名の名称ですから、
「ネガティブ・チェック」をしてみても、良いかもしれませんね。

具体的には、定量調査を行います。
各年代や、性別、職業などをある程度の定量ずつに分けて、
モニター調査/アンケートを実施します。
それによって、各年代が抱くイメージを、事前にチェックするのです。

回答によっては、意外な結果が得られたりします。
思ったよりも全員が気にしていなかったり、
予想していなかった世代から別の言葉に聞こえる、という回答が得られたり。
調査結果によって、商品のターゲットとなる世代への印象を重視したまま、
多世代への商品名の潜在リスクを回避することも可能になります。

ネーミング/コピーライティングには、
故意にネガティブワードを入れるショッキングネーミングも存在します。
その場合は、逆説的に、その不安をその商品が解決している必要があります。
そういった商品ならば、ネガティブワードを戦略的に使う意味も、
それが印象に残ったりするので、案として出てくるわけですが…。

今回は、ネガティブチェックの結果によって、
ネイティブの否定的な意味を理解するヒトの割合で、判断してみてはいかがでしょう。
それが高くないならば、国内販売であれば大きなリスクではありません。

響き/音感だけで商品名を選ぶ、というのはよくあるのですが、
チェックの結果、ネイティブワードそのままを避けて、
印象や音感が似た、造語にすることでリスクを回避する。
というのが、商品名をつける際のテクニックだと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

元は否定的な言葉を商品名に使っても大丈夫?

法人・ビジネス ブランド戦略・ネーミング 2008/12/26 11:25

商品に名前をつける際、響きのよい外国語を使う事はよくありますが、そのような商品のなかには、日本ではいい意味の言葉でも、元は否定的な意味ものが存在しています。商品を日本のみで売… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

会社のネーミングを変えたいのですが 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答4件
分かりやすいコピーか、インパクトのあるコピーか 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答3件
言いにくいキャッチフレーズについて 専門家プロファイルさん  2008-11-27 13:00 回答3件
文豪の名前を商品の名前に使いたいのですが・・。 てりーさん  2008-04-21 19:46 回答4件