フィラリア症 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

フィラリア症

2008/12/24 09:14

蚊の唾液腺から出たフィラリアの感染仔虫が、皮膚の穴からワンちゃんの体内に入り、それが何度か脱皮を繰り返し、心臓に到達するのに、約4ヶ月くらいかかるといわれています。ですから9月まで飲んでいて、10月、11月の2回抜けてしまった今回のケースでは、ショック症状が出ることはまずありませんし すぐに飲ませたのは正しい処置だったと思います。

当院はこのフィラリア症予防薬をお渡しするとき、必ずこの薬は『過去を清算する薬』ということを飼い主さんにお伝えするようにしています。つまり、今回のケースのように、9月20に飲ませたお薬は、8月に薬を飲ませた日の翌日から、9月20日までの間に、ワンちゃんの体に入ったフィラリア仔虫を殺すお薬で、9月20日から一ヶ月効いている薬ではありません。ですから今回のケースでは、9月20日から11月20日の2ヶ月の間に、ワンちゃんの体に入った仔虫は、生存して、来シーズンの始まりの時には、右心で成虫になっている可能性があります(地域によって可能性は全く違ってきます)。 成虫が多数いたり、ミクロフィラリアといわれる仔虫(蚊に体を経験した感染仔虫とは別)が多数いたりすると、ショックが出たりしますので、感ならず、成虫の検査や、ミクロフィラリアの検査などが必要となります。 来年のフィラリア予防のシーズンになったとき、必ず2回抜けてしまったことを、掛かり付けの先生にお伝えくださいね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

フィラリア予防薬について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/12/22 14:59

毎月1回、フィラリアの予防薬(ミルベマイシンA)を飲ませいているのですが、飲ませ忘れてしまいました。
気をつけていたはずなのに、このようなことをしてしまい、飼い主として失格です。
9月末までは… [続きを読む]

りんごりんごさん (千葉県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:フィラリア予防薬について 苅谷 和廣(獣医) 2008/12/28 10:17

このQ&Aに類似したQ&A

結石症の猫の食欲不振 みふぁにゃんさん  2009-01-11 00:31 回答2件
猫の甲状腺機能亢進症の治療 ちゃんあいさん  2014-12-19 12:29 回答1件
柴犬 14歳3ヶ月 前庭疾患再発後の病状 オオジロウさん  2014-11-27 22:01 回答1件
病犬の食餌に関して エツディさん  2014-03-13 17:09 回答1件
ペットの誤飲 飼い主初心者さん  2013-12-18 21:24 回答1件