ご確認やご相談してみて下さい - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご確認やご相談してみて下さい

2007/03/30 18:56

初めまして。

契約前に分かっていた事実を隠し、事実を違う内容で契約したということでしたら、宅建業法の“重要な事実の告知義務”違反にあたるかもしれませんね。

もしくは、実現不可能な事実が分かっていたにも関わらず契約したということであれば、民法の何かしらの定めに抵触するかもしれません。

いづれにしても法律違反ということであれば、裁判・弁護士さんの領分になってきますので、ご相談してみてはいかがでしょうか。

また、そこまで大げさにするまででもと思われる場合は、売主の監督官庁(県庁とか国土交通省)や所属する加入団体、消費者契約センターなどに確認してみることをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約前に起きたトラブル

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2007/03/30 14:53

 今年の1月に 今年12月竣工予定のマンションの契約をしました。手付けを入れ 重要事項の説明等も済み 順調にいっているように思っていましたが 今月になり売り主から連絡が入り マンションの竣工、引… [続きを読む]

しろくまさん (神奈川県/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

【立退きキャンセル被害】賃借人:賃貸マンション契約者 あーひ0519さん  2013-10-04 18:22 回答1件
建築条件付き売地購入後のトラブル ナップルさん  2013-03-01 12:21 回答1件
住宅の解約で住宅業者ともめています shinsinさん  2010-10-22 04:20 回答2件
契約後の条件変更に対する責任について rgkkc588さん  2012-10-12 03:18 回答3件