まずは「研究に携わる自分」を知る - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

西田 奈穂子

西田 奈穂子
キャリアカウンセラー

1 good

まずは「研究に携わる自分」を知る

2008/12/19 14:38
(
4.0
)

kouichi3desuさん、はじめまして。キャリアカウンセリング・コンフィアンサの西田と申します。

今されている研究、楽しんでおられるんですね。そこから研究者としての道を進路として考えておられるとのこと。本当に素敵なことですね!


研究者という目指す場所は定まっておられますが、kouichi3desuさんは今「そこに至るまでの過程」でお悩みなのだと思います。ドクターへの進学とメーカーへの就職の2つの選択肢を挙げられていますが、その前に下記の点をご自身で整理されてはいかがでしょうか。整理することで、kouichi3desuさんご自身のキャリアの軸が明確となりますし、仮に今後進む道に迷いが生じた時にもキャリアの軸を持っていることで自分らしく軌道修正ができるからです。



●研究を通してどう社会と関わっていきたいのかを考える

どういう形でご自身が研究というものに関わっていきたいと思っておられますか?
また、どんな研究者になってどのように社会と接点をお持ちになりたいでしょうか?


具体的なイメージづくりは、なりたい姿・ありたい自分を体現するのに必要であり非常に重要なことです。


ご自身が納得のいくキャリアを積まれるために、まずはそこから始めてみてはいかがでしょう。おのずと歩く道に一歩踏み出す(選択をする)ことができるはずです。


直接研究に関われるように学位を取ってポスドクとして就職するのが良いのか、研究者になれるかは分からなくとも企業の正社員として間接的に研究に関わることが良いのか。

他にも選択肢はあるかもしれませんが、キャリアの軸を持っておくことでご自身らしい選択ができるのです。


応援しています!

【キャリアカウンセリング・コンフィアンサ】
http://confianza.uijin.com/

評価・お礼

kouichi3desu さん

ご回答、ありがとうございます。
漠然とした質問に対して、丁寧にお答えして頂き、大変感謝しております。

どういった研究者になりたいかという事と、どのように社会と接点をもつかという事を考えて、自分に合った進路・キャリアのイメージを持ちたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

研究者の道

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/12/18 21:55

私は工学系修士1年に在籍しており、今取り組んでいる実験・研究が楽しいので、将来は研究者の道を歩みたいと考えています。
この場合、進路の選択肢としては、博士後期課程に進学すること、もしくはメーカーに就職するこ… [続きを読む]

kouichi3desuさん (大阪府/22歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

これからの選択肢について alike5さん  2012-06-01 10:31 回答1件
留学後、26歳での新卒採用は「アリ」ですか? michelinaさん  2009-07-15 22:01 回答2件
大学院での今後について ちゃりさん  2009-06-24 18:26 回答4件
危険かもしれないが、これが最後のチャンス? ハナピーさん  2009-01-16 16:40 回答4件
休学→中退からの就職活動 socksさん  2008-12-16 23:32 回答2件