保険と貯蓄はすっきりと分けて考えましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

保険と貯蓄はすっきりと分けて考えましょう

2008/12/17 15:41

パズルさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

保険とは万が一の場合の遺族の保障や葬儀費用としての死亡整理金ですね。
お子さんがいらっしゃらないのでしたら、万が一の場合はあまり必要ないのでは?
共済程度でいいと思いますよ。

死亡整理金としては300〜500万円必要でしょうが、別に保険でなくとも貯金でも備えることは可能です。共済の保障が少なくなる頃は数千万円程度の老後資金がある状態になっているのではないでしょうか?

どうしても保険で準備したいのであれば300〜500万円ほどの変額終身保険でそなえるといいでしょう。定額の保険よりも保険料は安いですから。

それ以上、たとえば1000万円くらいを貯蓄と保障を兼ねて・・・
と言われたのでしたら、それは代理店が受け取る手数料が多くなるからです。
保障と貯蓄は別で考えたほうがいいと思いますよ。

貯蓄だといくらたまったかがはっきりします。

ご自身の保険ですが、女性は長生きですので、共済ではなく、やはり終身の医療保険がいいと思いますよ。こちらもやはり、貯蓄で備えることもできますが、持病をもつと保険がほしくなる人が多いですから。

また老後資金の準備でしたら個人年金保険ではなく、積立投資信託などを考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫婦の生命保険について

マネー 生命保険・医療保険 2008/12/17 13:42

共に35歳の夫婦です。
定期保険に入るのなら共済の方がいいと思っており、主人の定期保険を解約し、現在は仮で共済に加入しております。
しかし、60歳以降の保障も大切なので、終身か収入保障保険を探し… [続きを読む]

パズルさん (神奈川県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

保険の見直し 栃木成功塾 塾長 ファイナンシャルプランナー富田浩司(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/17 14:37
保険の考え方 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/17 15:24
保険は、万が一の時のものです。 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/17 15:31
生保加入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/17 20:17
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2008/12/17 15:44
シンプルに考えられても良いでしょう。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/17 17:24
ご夫婦の保険について 加藤 惠子(ファイナンシャルプランナー) 2008/12/19 07:25

このQ&Aに類似したQ&A

死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
夫の生命保険について教えてください。お願いします。 リコピンさん  2012-03-17 18:33 回答3件
夫の生命保険の更新について たかやさん  2010-07-16 15:26 回答3件
医療保険・ガン保険加入について 新米主婦。さん  2009-07-19 18:53 回答8件