税金が増えても手元資金が増えるならアリだと思います - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
平 仁

平 仁
税理士

- good

税金が増えても手元資金が増えるならアリだと思います

2008/12/09 22:55

年収196万余りになりますね。
この金額であれば、税金が増えても手元資金が増えるものと思われます。

一般的なサラリーマンの場合、配偶者控除がなくなることで、
税金は約2〜4万、市民税・県民税は4〜8万、国保約6万円が増えます。
そしてあなたの税金は約4.6万円、市民税・県民税が約9.3万円、
国保が約7万円増えることになるでしょうから、
あなたがこの仕事を受けた場合、税金等の負担は35万円前後増えます。

しかし、103万円以内で働いていたときよりも90万円以上
収入が増えるわけですから、差額は55万円程度の増加ということになるわけです。

ただ、市民税や保険は後からのものですので、そのタイムラグと
取られるという心理的要素があるため、嫌がられるわけです。

私なら、扶養の範囲から外れるのであれば、
年150万円以上で働くことをオススメしますね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養控除を外れると・・

マネー 税金 2008/12/06 15:32

只今就活中。。新卒で就職してからというもの、扶養控除内のパートをしてきました。今、月12万ボーナス年4.4の年収の仕事先を見つけました。これだけの収入を得ると夫の扶養を外れることになります。現在… [続きを読む]

jyujyujyuさん (神奈川県/41歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

夫の扶養に入るべきか? ポワンさん  2017-01-20 10:36 回答1件
障害者と税金について ぺねろぺさん  2009-01-29 12:54 回答1件
扶養控除130万未満のパートに通勤手当はどうからむのか お悩みママさん  2011-08-28 14:59 回答1件
源泉徴収表の見方がわからないので教えてください。 makomakoさん  2009-12-25 17:21 回答2件