外貨MMFは運用面で有利 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨MMFは運用面で有利

2006/06/18 21:28

外貨MMFは投資信託の一種で、証券会社と一部の銀行で取り扱っていますが、元本保証はありません。しかし、信用度の高い債券などの短期金融商品に投資するので、外貨ベースでの安全性は高くなっています。又、投資信託であるため、販売会社や運用会社が破綻しても、投資したお金は分別保管されているので保護されます。外貨預金は、元本保証されますが円預金と異なり預金保険の対象外ですので、預ける銀行の信用度が大切です。

外貨預金の種類は、普通預金と、通常1年が最長の定期預金とがあり、その違いは、定期預金は普通預金に比べ利率は高めですが、原則として満期まで解約できません。一方、外貨MMFは購入日の翌営業日からいつでも解約できるので、為替の動向を睨みながら機動的に売買ができます。実績分配型の外貨MMFの利回りは、一般的に外貨定期の金利より高めです。

外貨交換には為替の手数料がかかります。外国通貨には米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどがありますが、例えば、外貨預金を米ドルでした場合、円を米ドルに替え、米ドルから円に替えると往復で1ドルあたり2円かかるのが一般的ですが、米ドル建てMMFなら1ドルあたり往復1円で済むのが一般的です。

税制面では、外貨預金の利息と外貨MMFの収益分配金は、いずれも20%課税で同じですが、円安に動いて為替差益が出た場合の税金は異なります。外貨預金は雑所得として課税され、外貨MMFは非課税です。従って、為替差益が大きい時は、外貨MMFは大きなメリットを享受できます。

外貨MMFが外貨預金より不利な点は、決済機能です。外貨を現金やトラベラーズチェックでは受け取れないので、海外旅行や出張で外貨を直接引き出したい場合、外貨預金の方が便利です。

このように運用面では外貨MMFの方が、有利と言えますが、外貨による運用は常に為替リスクを伴いますので、余裕資金で行うことをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

「外貨預金」と「外貨MMF」どっちがお得?

マネー 投資相談 2006/02/15 14:19

「外貨預金をするなら外貨MMFのほうがお得」と聞きました。なぜでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

為替リスクはどちらも同じ 相澤 学(経営コンサルタント) 2006/02/16 00:50

このQ&Aに類似したQ&A

投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
外貨預金の確定申告について Kikulingさん  2011-07-14 22:00 回答1件
外貨MMFについて crispy nutsさん  2010-10-29 17:34 回答1件
投信を考えています yanchanchan2さん  2010-10-15 11:00 回答1件
外国債券の金利と景気についてお願いします。 obalinさん  2009-12-06 16:54 回答4件